高橋恭平★独自ワールド全開のリポート★唯一無二の存在★アナウンサー大絶賛

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「高橋恭平★独自ワールド全開のリポート★唯一無二の存在★アナウンサー大絶賛」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「3月25日」の放送回は、「大西流星」と「高橋恭平」が「アナウンサー」の仕事に挑戦しました。「アナウンサー」の仕事を体験するのは、「2019年11月6日」放送回に続いて「2回目」です。前回は「ニュース原稿」に挑戦しましたが、今回は「リポート」に「トライ」することになりました。さまざまな表現を用いて、正確に状況を伝えることが求められる「リポート」です。瞬時に対象の情報を読み取り、言葉を選ぶのが「リポート」の基本ということで、「大西流星」と「高橋恭平」は実際に、ある「物」を見て、それを自分の言葉で表現する訓練から「スタート」しました。まず「高橋恭平」は、「扇風機」を「チワワのようなかわいさ、ビンテージ感がある、便利な大きさ」と表現します。扇風機の汚れを「“ビンテージ感”」とする独特な視点に、指導役の「アナウンサー」から高評価を得ます。一方「大西流星」は、「たこ焼きの立体看板」を的確に、かつわかりやすく表現し、「アナウンサー」からは「素晴らしい!今考えたの?」と絶賛されました。

次に「2人」は大阪城公園の桃園で「中継リポート」に「チャレンジ」しました。「大西流星」はここでも的確な「リポート」を披露してみせ、「アナウンサー」は「ジャニーズはなんでもできますね」と感心しました。一方で、個性あふれる「リポート」を披露した「高橋恭平」です。「“雲の動きが速い”」という独自の切り口から「スタート」すると、一目散に桃の木へ「ダッシュ」します。ですが、なぜかその傍らにある「ベンチ」を紹介すました。さらに「ベンチ」の下に敷かれている「タイル」を、「大阪城の気遣い」と表現します。「高橋恭平ワールド全開」の「リポート」を、「アナウンサー」は「これは高橋恭平くんしかできないリポートです!僕にはできない」「楽しかった」と高評価していました。

次は「食リポ」に挑戦しました。激辛麻婆豆腐の「食リポ」では、あまりの辛さに、「大西流星」がいつもの可愛らしさとは程遠い野太い声で「辛っ!」と悶絶し、思わず涙します。「高橋恭平」もその辛さに言葉が出ず、うなだれてしまいます。その後、「アナウンサー」から「食リポ」の「ポイント」を伝授され、「再チャレンジ」しました。「大西流星」は辛さを我慢し、今度はしっかりと味を伝えることに成功します。そして「高橋恭平」も、若干顔を引きつらせながらも笑顔を見せて「うん、辛い」と一言。さらに「お父さんにビシバシ叩かれてる感じ」と、独特の表現で辛さを「リポート」したのでした。




「高橋恭平ワールド全開」の「リポート」は、「スタジオ」の「レギュラー陣」から大絶賛され、「うちの会社のアナウンサー試験受けに来たら、僕だったら満点出す」「唯一無二の存在!」との声も聞かれました。

「ネット」上でも「恭平のリポート、めちゃくちゃ独創的で面白い!」「恭平くん、やっぱり頭の回転いいよな」といった多くの反響が寄せられました。

「高橋恭平」の変幻自在の「レポート」には「アナウンサー」も驚いたようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました