村上信五★芸能界の現状に不満爆発★変えられるなら変えてやると宣言

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「村上信五★芸能界の現状に不満爆発★変えられるなら変えてやると宣言」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「3月25日」深夜放送回では、「俳優・加藤涼」と「モデル・土屋炎伽」を「ゲスト」に迎え、「トーク」が展開されました。




この日は、「心理テスト」によって、「メンバー」の深層心理に迫る「ブラック心理学」の「コーナー」が行われました。最初に出題されたのは「いつもの道で見たことのないポストの中に入っていたものは?」というものでした。この「心理テスト」は、「コミュニケーション能力」をはかるものである、「心の引きこもり度」という「“ブラック”」な「ダメポイント」もわかるそうです。最も「ダメポント」が低かったのが「村上信五」でした。「村上信五」は「ポスト」の中は「からっぽ」という回答で、「心理カウンセラー」によると、「実は、気を使っているように見えて、何の思いもなく、自分の言いたいことを躊躇なく言えている」とのことです。これに対し「村上信五」は「気ぃ使ってるわ!」と思わず猛反論しました。

一方、最も「心の引きこもり度」が高いとされたのが、「大倉忠義」でした。「大倉忠義」は「虫だらけ」と回答し、「スタジオ」を一瞬「ギョッ」とさせました。「心理カウンセラー」によると「引きこもるというより、もともと人との深い関係を望んでいない」という見方ができるとして、「大倉忠義」は「わかってくれる人だけわかってくれればいい」という考え方なのではという解説でした。これには「大倉忠義」も「当たってる!悪くないっすね」と納得の様子です。

さらに、「時代・国境を越えて職業体験ができるチケットを入手。どの時代のどんな人になる?」という「心理テスト」も行うことになりました。職業体験は「現状に納得できていない部分」を表し、「時代や国、職業」が、現実から離れていればいるほど、その人は「理想と現実の差が大きい」といいます。ここから導き出される「ブラック」な「ダメポイント」は「ないものねだりもはなはだしい度」でした。




ここで、最も「ダメポイント」が高いとされたのが、「村上信五」でした。「村上信五」は「白亜紀」で「ティラノサウルス」と回答します。「心理カウンセラー」によると、恐竜の中でも特に狂暴で「王者として君臨した暴君」の「ティラノサウルス」という回答からは、誰かを強く攻撃したい願望が、さらに「白亜紀」という現代から大きく離れた時代からは、現状への不満も大きいのではという解説が。すると「村上信五」は苦笑いしつつも「当たってる」と切り出し、「社会への不満、芸能界への不満ありますよ」と心情を吐露します。すると徐々に「ヒートアップ」していき、「オレで変えられるなら変えてやろうと思ってますよ!そりゃ!」と豪語します。例えば、相手を叩くという「ツッコミ」も最近ではやりづらくなったと「“現状への不満”」を熱く語り、「もっぺんひっくり返してやろうと思ってますよ!」と力強く宣言しました。

この日の放送に対し、「ネット」上では「村上くんの野望がすごい」「村上くんの心理テストの結果をつなげると「からっぽのティラノサウルス」「笑」。めちゃくちゃ笑った」といった反響が寄せられました。

相手を叩く「ツッコミ」ができなくなっている現状には「村上信五」の大御所感が邪魔をしてしまい「セーブ」しようとしているのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました