山田涼介★いたジャン収録でイライラ★逆ギレモードに中島裕翔がフォロー

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山田涼介★いたジャン収録でイライラ★逆ギレモードに中島裕翔がフォロー」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、3月28日放送」に、「メンバー全員」が登場しました。「漢字検定チャレンジ」企画の「第4弾」が行われました。

今回は、昨年「11月9日」放送回で挑戦して不合格となった、「漢字検定2級」に「再チャレンジ」することになりました。「8人中1人でも読み問題に答えられたら正解」という「ルール」で、「30問中24問」正解すれば合格となります。「ゲスト解説者」として、「漢検1級」を持つ「お笑い芸人・畠山検定」も登場しました。




前回の「チャレンジ」で「2級」が不合格になったことについて、「薮宏太」は「ダメージが大きかった。母親から「あんたそんなに漢字できなかったっけ?」と言われた」とのことです。今回は「リベンジ」できるのかどうかが注目されました。

最初の問題は、「人を馬鹿にして悪く言うこと」を意味する「嘲る「あざける」」でしたが、「トップバッター」の「山田涼介」は「ののしる」と答えて不正解となります。続いて、「知念侑李、八乙女光、有岡大貴、高木雄也」も不正解となりましたが、「中島裕翔」が見事正解し、幸先の良い「スタート」となりました。

ですが「2問目」の「幾重にも重なっている様」を表す「十重二十重「とえはたえ」」は、全員が不正解になりました。「3問目」の「各「おのおの」」は「伊野尾慧」が「正解、4問目」の「焦眉「しょうび」」は「薮宏太」が正解しました。すると、「藪宏太」は「母ちゃん、正解したぞ!」と、「ダメ出し」をされた母親に晴れやかな表情で「アピール」しました。

その後も順調に「6連続」で正解が続くも、次の「渉猟「しょうりょう」」を「ほりょう」と答えて不正解になった「山田涼介」は、「1問も当たんねぇな!!」と大声で叫びながら「逆ギレ」します。ほかの「メンバー」が次々と正解していく中で、「山田涼介」は自身の不正解率に「イライラ」している様子を見せます。すると、同じ問題に正解した「中島裕翔」が「知念が答えた「“しょう”」から、そして山田さんの「“りょう”」からヒントを得たから」と、「2人」の解答から「ヒント」を得て正解したと「フォロー」します。すると、「山田涼介」は一転して「僕、役に立ってた?よかった!」とご機嫌になり、「カメラ」に向かって笑顔を振りまいたのでした。




続けて、「薮宏太」が「愚弄「ぐろう」」、「山田涼介」が「罵る「ののしる」」、「知念侑李」が「倣って「ならって」」と続々正解を出し、残り「2問」で「漢検2級」が合格となるところまできた「JUMPメンバー」でした。でしが、「寺院の台所」という意味の「庫裏「くり」」と「大音声「だいおんじょう」」が続けて全員不正解となり、一気に追い詰められてしまいます。

今回も不合格で終わるのかと思いきや、「26問目」の「唆される「そそのかされる」」を「有岡大貴」が、「27問目」の「橋桁「はしげた」」を「伊野尾慧」が正解し、見事「漢検2級」を合格しました。昨年の「リベンジ」を果たし、「ハイタッチ」で「メンバー同士」喜びを分かち合っていました。

この放送に「ファン」から、「山田くん、最強にかわいい。「僕、役に立ってた?」なんて言われたら「“Yes”」としか言いようがないですよ!」「お母さんに正解をアピールしてた薮くんがかわいい〜!今度は褒めてもらえるといいね!」「漢検2級おめでとう。面白かった!またやってほしいな」といった「コメント」が寄せられていました。

「中島裕翔」の「山田涼介」に対する「ナイスフォロー」で「山田涼介」の苛立ちも緩和されて良かったですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました