相葉雅紀★ピンクは似合わないと思っていた★服に対するこだわりを明かす

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★ピンクは似合わないと思っていた★服に対するこだわりを明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が「3月27日」深夜に放送されました。服に対するこだわりを明かしました。




「リスナー」から「相葉くんはどんな服も着こなすイメージがありますが、この色だけは似合わないというのはありますか?私は相葉くんがピンクを着ていると嬉しくなります」という「メッセージ」が届くと、「へぇ~。ピンクとか自分の中では「似合わないな」って思ってたけど いけるんだ」と、「ファン」の反応は意外だった様子です。

衣装で赤や「ピンク」を着ることはあっても、「「私服は」持ってないですよ。ピンク色の何かっていうのは」と、「プライベート」ではあまり明るい色を着ないといいます。また、以前の放送で、「相葉雅紀」は「関ジャニ∞」の「横山裕」からもらったという「“オリーブ色”」の「セーター」を着てきたことを明かし、その写真を「嵐」の「公式インスタグラム」に投稿したことがありましたが、これに「スタッフ」は「「あ、結構珍しいの着てるな」ってイメージがあった」と思っていたと告白しました。

長年一緒に番組を務めている「スタッフ」からしても、「相葉雅紀」の服装は「そんなに色彩のないものを普段お召しになっているイメージ」だったようです。すると、「相葉雅紀」は「そうなんだよね」と肯定し、「多分、衣装とかで、割とそういう色彩の映えるものとか、柄のあるものとか、デザイン性のあるものを着させていただいているっていうのがある」ため、「普段は割とシンプルで素材「着てて気持ちいい」とか「この肌触りがいい」とか「サイズ感」とか、そういうほうをより気にしてるかもね」と語りました。




また、「スタッフ」に「黒とかデニムの色とか、そういう割と生成りのものっていうのが「多い」イメージ」と言われると、「それはね、変わってくるんすよ。変わってきたんです」と「相葉雅紀」。「10代後半~20代前半」までは古着を好み、鮮やかな色の洋服を選んでいた時期もあったようですが「なんか30「歳」過ぎてから、だんだんやっぱ変わってくるんだよな。自分に合った素材とか色とか質感っていうのが、だんだんわかってきてるっていうか、好きになってくるっていうかさ」と、好みが変わってきたと理由を説明していました。

「エンディング」では「自分に似合う色とか それってでもさ、自分が思ってるだけで、意外と そのなんだろ、「派手な色似合わないかな」って自分が思ってるだけで、案外いけるのかもしれないね」と語った「相葉雅紀」でした。この放送に「ファン」からは「相葉くんは絶対にピンクの服が似合うよ!」「相葉くんに「似合わない」と思う色がないなあ~何でもどんな色でも似合っちゃうイメージ」「あんなにピンクが似合うのに、ご自分ではそう思ってなかったのね」などの声が集まっていました。

「相葉雅紀」なら「ピンク」を着てても全く違和感を感じさせないと思うのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました