松岡昌宏★堀越高校の同級生が豪華すぎ★クラス会でのぜいたくな経験告白

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★堀越高校の同級生が豪華すぎ★クラス会でのぜいたくな経験告白」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「3月29日」の放送では、「松岡昌宏」が演歌について語る場面がありました。




「リスナー」から「演歌聞きたいんですけど、いいですか?」 という質問とともに、「山本譲二」の「みちのくひとり旅」が「リクエスト」されると、「松岡昌宏」は「もちろんですよ、僕も大好きです!いいじゃないですか!」と上機嫌です。「カラオケでは、演歌歌いますか?」という質問にも「歌いますよ、ええ。私は吉幾三さんとかよく歌います。好きですからね」と答え、「リクエスト曲」の「みちのくひとり旅」を放送しました。曲を流し終えると、「演歌は染みるねえ〜」 としみじみした様子になります。

「松岡昌宏」は堀越高等学校出身のため、同級生に演歌歌手の「音羽しのぶ、1学年上」に同じく「田川寿美」や「永井みゆき」がいたのだそうです。「松岡昌宏」は「音羽しのぶ」のことを「本名、ちえ「吉村智恵子」っていうんですけど」 と親しげに呼びながら、「カラオケ歌うと、まあ〜ホントうめえんだ!何年か前にクラス会やった時に、俺のクラスメートのちえに「頼むから演歌歌ってくれ」っつって。もう、ちえの歌う「天城越え」とかたまんないのよ!「うめえな〜、お前うまいな!」 っつって」とぜいたくな経験を振り返り、「もう、たまんないよ!酒と演歌!もうご機嫌だからね、超ご機嫌!」と思い出しながら大興奮のようでした。

さらには、「居酒屋とかではやっぱり、演歌が流れててほしいのよ、俺は」「ちょっと洒落た感じの曲とか、あんまイヤなのね。味に集中したかったりするから、演歌ぐらいがいいのよ」と酒と演歌の関係を熱弁し、「演歌ってやっぱ、なんだろうね?演歌を聞きながら飲むお酒ってさ、ちょっとおいしくなるんだよね」 と明かしたのでした。




また東北地方へ行った時は、演歌を「BGM」にして地元の海産物などをつまみながら、ちびちび酒を飲むのがたまらないんだそうです。「ジジイ万歳「笑」。このよさはガキの頃はわかんないんですよ」と言った後、「自分が今、40代ですけど。50代、60代だったら、もっと楽しく感じると思うんですよ。悪いことじゃないね〜年を取るって、最高だよね」と今後に期待を寄せているようです。そして最後は、「70代、80代まで生きてるかどうかわかんないけど、そこにはそこの楽しみがきっとあるんだろうね」とまとめたのでした。

「松岡昌宏」の意外な交友関係や、音楽の趣味が語られた今回の放送です。「松岡昌宏」が全力で歌う演歌を聞きたい「ファン」も多いのではないでしょうか。

「松岡昌宏」の「クラス会」に集まる「メンツ」の豪華さには驚いてしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました