香取慎吾&三谷幸喜★誰かが、見ている★ギャラクシー街道の二の舞いを不安視

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「香取慎吾&三谷幸喜★誰かが、見ている★ギャラクシー街道の二の舞いを不安視」の事をお伝えしたいと思います。

「三谷幸喜」と「香取慎吾」が「タッグ」を組む「Amazon Primeオリジナルドラマ」「誰かが、見ている」が秋に配信されることが発表されました。「香取慎吾ファン」の間では、「今から楽しみ」「最強タッグだね」といった喜びの声が上がる一方、「一部マスコミ」関係者の間で「早くも同作の配信を不安視する声が聞かれ始めている」といいます。

同作は「Amazon Prime Video」の会員向け「サービス」「日本開始5周年」を記念し、「Amazon」が企画から参加して制作する「オリジナルドラマシリー ズ」の「第1弾」となります。内容は、しゃれた会話や「シチュエーション」が満載の「シットコム」「シチュエーションコメディ」になるといい、公開された主演の「香取慎吾」の「ビジュアル」も奇抜で、「脚本・監督」を担当する「三谷幸喜」は、早くも「香取さんにぴったりの役」「喜劇俳優として日本を代表する一人」と、「香取慎吾」の存在感に期待を寄せていると報じられています。と、「三谷幸喜」も手応えたっぷりのようです。

ですが、現場での期待をよそに、同作を不安視する向きもあるといいます。




これまでも、「NHK大河ドラマ」「新選組!」や映画「THE 有頂天ホテル」などで「タッグ」を組んできた二人ですが、「2015年」に公開された映画「ギャラクシー街道」のあまりにも不甲斐ない内容を思い出した「マスコミ」関係者の間で、この「コンビ」の新作の完成を手放しで喜べない空気が漂っているようです。

「ギャラクシー街道」は、「三谷幸喜監督」が「スペースロマンティックコメディ」と銘打ち、「香取慎吾」に加え、「綾瀬はるか」や「小栗旬」といった豪華俳優陣を起用して制作し、公開前には大いに期待された「コメディ」映画です。

ですが公開されるやいなや、観客からはその意味不明な「シチュエーション」や中身のない「ナンセンス」な笑いの連続に「クソつまらない」「ガッカリ」「最後まで見られない」などと手厳しい評価ばかりだったのです。今回の「三谷幸喜」と「香取慎吾」の「タッグ」による「シットコム」は、「ギャラクシー街道」の二の舞いにならないか、「香取慎吾」のことが心配になってしまいます。

「香取慎吾」の「コメディ」路線についても「限界説がささやかれている」との見解もあるようです。




若かりし頃から「コメディ」指向が強く、その分野で実績も残してきた「香取慎吾」ですが、「おバカ」な「キャラ」を演じるのが可愛く見えていた頃と違い、現在、彼はすでに「43歳」のいい大人です。ただ勢いに任せて「おバカキャラ」を演じても、「逆に悲壮感のようなものや痛々しさが滲み出てしまうのでは」と見る「マスコ」ミ関係者も少なくありません。

また、今回の「誰かが、見ている」 についても、「香取慎吾」の「ビジュアル」は、若かりし頃の「佐藤蛾次郎」と「武田鉄矢」を足して二で割ったような「キャラクター」です。若い頃ならその変なおじさんぶりが話題になったでしょうが、今の「香取慎吾」では、老けた印象ばかりが際立ってしまう印象もあります。「香取慎吾」は昨年公開の映画「凪待ち」で、恋人を殺された「ギャンブル」依存症の男という「シリアス」な役を演じ好評を博しただけに、この路線のほうが向いているのではないでしょうか。

「誰かが、見ている」への不安が的中しないことを祈るばかりですが。

何はともあれ久しぶりの「香取慎吾&三谷幸喜」の「最強ダッグ」に期待をしても良いのではないでしょうか。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました