木村拓哉★ジャニーズJr.が通うトレーニングジム★詳細判明しスゴい&謎が解けた

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「木村拓哉★ジャニーズJr.が通うトレーニングジム★詳細判明しスゴい&謎が解けた」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年、東京・赤坂」の「ビル」に本社を構えた「ジャニーズ事務所」です。「同年8月」に「TOKIO・松岡昌宏」が「テレビ番組」で「ジャニーズ事務所に社員食堂ができた」「タレントは食べたい放題」といった情報を明かし、以降は食堂での「タレント同士」の「交流エピソード」を聞く機会も増えていきました。そんな「ジャニーズ本社」内に関して、新たな事実が発覚。「ファン」の間で大きな話題になっています。

発端は、「4月15日」発売の「テレビ情報誌」「週刊TVガイド」「東京ニュース通信社、4/24号」に掲載された、「木村拓哉」の「インタビュー」でした。「2月」に開催した「初ソロライブツアー」「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」の期間中、「スケジュール」が空いたという「木村拓哉」は、「うちの事務所の中にできたトレーニング施設」に行ったと告白します。「木村拓哉」いわく、その施設の監修は「V6・岡田准一」だといい、「ホントに見事な設備ですごかったんですよ!」と、興奮気味に語っています。自身は別の「スポーツクラブ」にも通っているそうですが、「入会している自分が悲しくなるぐらいすばらしい施設で「笑」」ともぶっちゃけていました。




また、「行った先に先輩とか後輩がいるのも面白くて、仕事前に体を動かしに来たという二宮「和也」にも遭遇しましたね」と「嵐・二宮和也」も訪れていたと明かし、「みんな、口には出さないけど、しっかりセルフプロデュースしてフィジカルを鍛えてるんだなって感じて、親近感が湧きましたね」と、「タレント」たちが体づくりに励んでいることに対し、感心していたのでした。「木村拓哉」の「ソロライブ」は「2月11日」に東京公演が終わり、次の大阪公演「19日・20日」まで少し間が空いていました。こうした時間を使い、気軽に利用できる事務所の「トレーニング施設」は、忙しい「ジャニーズタレント」に「ピッタリ」なのでしょう。

この内容を受け、「ジャニーズファン」からは「事務所に岡田くん監修のジムができたとかスゴい!事務所専用なら安全だしね!」「岡田くん監修のトレーニング場、木村くんが行くジムより豪華なの!?」「ほかのジムに通ってる木村くんが「悲しくなるぐらい」のジムって想像つかなすぎ「笑」」と、驚きの声が上がっています。

「ジャニーズ」の「ジム通い」に関しては、少し前から「タレント同士、同じジムに通っているのではないか」と「ファン」の間で「ウワサ」されていました。例えば、「3月5日」放送の「VS嵐」「フジテレビ系」で、「二宮和也」が「最近、ジム行ってる」と報告します。「櫻井翔」が「ツアー中も朝、ホテルのジムで、ちょっと動いてたりしてたよね」と言うと、「松本潤」は「俺、1回だけ会ったよ」と話していたのです。会話の流れから、「ツアー」先の「ホテル」の「ジム」で会った可能性が高いものの、「木村拓哉」の発言を知った一部の「嵐ファン」は「ニノが潤くんに遭遇した話は、事務所内のトレーニングルームなのかな?」と、反応しています。また、今年「1月」に「デビュー」した「Snow Man」も、このところ「ジム」で「メンバー」に出くわしたという「エピソード」を明かしていたため、「Snow Manが通ってるの、ジャニーズのジムだよね?」「メンバーで同じジムに行くんだな~と思ったけど、謎が解けた」と、納得の声も出ています。




ちなみに、事務所から「トレーニング場」の監修を頼まれた「「岡田准一」は、「武道・格闘技」に精通する人物として知られていますが、「5月14日」発売の武道月刊誌「月刊秘伝」「2020年6月号」「BABジャパン」の表紙を務める予定です。同誌の「公式ホームページ」「Web秘伝」の次号予告欄に「「巻頭インタビュー」映画「燃えよ剣」 主演「土方歳三役」キャストを直撃!「“武芸者”」岡田准一が語る「土方歳三の剣と殺陣」」との記載があり、「V6ファン」は「「月刊秘伝」という雑誌を初めて知った。岡田くんはどこまでいくのか、予測不能」「「月刊秘伝」の巻頭インタビューについて「「“武芸者”」岡田准一が語る」って書いてあるけど、岡田くんは「“武芸者”」扱いなんだね「笑」」「岡田くん、いよいよ何者かわからなくなってきたな!」と、異色の仕事ぶりに衝撃を受けています。

「新型コロナウイルス」の感染拡大によって、「4月上旬」より「タレント」たちも自宅待機を余儀なくされているだけに、現在は「ジャニーズ」の「トレーニング施設」や食堂も自由に利用できなくなった可能性が高いでしょう。平穏な日々が戻ってきた暁には、こうした社内での「交流エピソード」を聞かせてほしいものですね。

設備の充実感が伝わってくる「木村拓哉」の発言により「ファン」も「岡田准一監修」の「ジム」に潜入したいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました