城島茂★仕事がなくて栄養失調に&パチンコ店に通ってた★若かりし頃の私生活を暴露される

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「城島茂★仕事がなくて栄養失調に&パチンコ店に通ってた★若かりし頃の私生活を暴露される」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「4月22日」に放送され、「ゲスト」に「俳優・江口洋介」と「滝藤賢一」が登場しました。




この日の放送では、役者として確固たる地位を築いた「2人」が、同じ年齢のときに何をしていたのかを並べた「タメ年表」という企画を「オンエア」しました。まず「19歳」のとき、「滝藤賢一」は映画監督を志して名古屋から上京しましたが、さほど貧乏な生活は送っていなかったといいます。「ナレーション」では、「同じく19歳の頃、ジャニーズ事務所には入っていたものの、仕事がなく、栄養失調になっていた城島「茂」にとっては羨ましい話」と、「城島茂」のまさかの「マル秘話」が暴露され、「メンバー」は苦笑いしていました。

さらに「城島茂」は、「23歳」のときも再び「フィーチャー」され、「城島がTOKIOとしてデビューした年齢」と紹介。ですが、「仕事がまったくなく、パチンコ店にしょっちゅう行っていた年」と、またも若かりし頃の「プライベート」が暴露されることに。一方、「23歳」で映画初出演を果たした「滝藤賢一」は、当時、「フィリピンパブ」に「ハマ」っていたといい、最初は先輩に連れられて行ったものの、だんだん深入りし、「“本気”」になってしまった時もあったそうです。「滝藤賢一」が「「フィリピンパブの」彼女たちはとても優しいしね」としみじみ呟くと、「城島茂」は真剣な顔で「彼女たちも生活かかってるからね。親身になるわ」と「ポツリ」。「スタジオ」には微妙な空気が流れてしまい、「国分太一」が思わず、「今のタイミングで言うコメントじゃない!」と「ツッコ」み、「松岡昌宏」も「それは違う」と苦笑していましたが、当の「城島茂」は自身の天然発言に照れ笑いを浮かべるばかりでした。

その後、「ゲスト」が今まで聞かれたことがないであろう質問を「TOKIOメンバー」がぶつける「生まれて初めて聞かれました」の「コーナー」では、「長瀬智也」が「子どもに気まずいこと聞かれた時どう対処してる?」と質問します。「江口洋介」は「20歳」の長女と「17歳」の長男の父、「滝藤賢一」は「4人」の子どもの父ですが、例えば「子どもってどうやってつくるの?」などと聞かれた場合、「江口洋介」は基本的に子どもの質問を気まずいとは思わないといい、自身は息子と、「妻・森高千里」は娘としっかり話す時間を設けているとのことでした。




一方、「滝藤賢一」は何でもあけすけに話すようにしているそうです。これを聞いた「松岡昌宏」が「国分太一」に向かって、「あなたのところ2人とも娘さんじゃないですか。「パパのもの、私たちにない」って言われたらどうするの?」と聞くと、「国分太一」は「普通に触られるよね」と、聞かれる前に娘たちに触られているとのことです。「ボクシングみたいに」と「パンチ」を繰り出されると明かし、「スタジオ」は爆笑に包まれていました。

この日の放送に視聴者からは「ボクシングは笑った」「リーダーの天然ぶりが見れてよかったわ」「今度はTOKIOの詳細なタメ年表見てみたいな」という声が集まっていました。

「城島茂」の下積み生活をきかされて「ジャニーズタレント」の現実を見たような気がしますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました