平野紫耀★ZIP!スタッフにジャニーズってチヤホヤされるのに★愚痴ポロリ

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「平野紫耀★ZIP!スタッフにジャニーズってチヤホヤされるのに★愚痴ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「King&Prince」がさまざまな競技に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「4月27~5月1日」は先週に引き続き、昨年「4月」に「女子バスケットボール」に挑戦したときの映像を、各曜日に登場した「メンバー」と一緒に振り返りました。

初日に登場した「永瀬廉」は、「ディフェンス」の練習で「神宮寺勇太」が「「ボールではなく」相手の顔しか見てない」と指摘されます。「「“国民的彼氏”」って言われてるからなのか分からないですけど、常に女の子の顔をうかがってるっていうのが出ちゃったのかな」と、「神宮寺勇太」が「ファン」の間で「“国民的彼氏”」と呼ばれていることを皮肉って「コメント」していました。




一方の「神宮寺勇太」は、「女子バスケット選手」と「1対1」で「ディフェンス」と「オフェンス」の練習の際、「永瀬廉」が大げさに「ファウル」を受けた「フリ」をしていた「VTR」を見て「女子の前でこれは恥ずかしい」と「バッサリ」。とはいえ、自分を含めほかの「メンバー」の「プレイ」もひどいありさまで「ダサい姿を見せちゃったっていうのはすごいショックですね」と反省していました。

また、いつもは自信満々の「高橋海人」も自分の「VTR」を見て「みんなが見て、この子球技ヘタそうだな、っていう」「俯瞰から自分を見てみると、本当にセンスがない子だなって思いますね」と珍しく反省します。そして、「神宮寺勇太」はここでも「高橋海人」から「彼が大事にしている「“国民的彼氏”」っていうスタンスが全部崩壊してたなって」と指摘されていたのでした。

そして、「5人対3人」の「ハンデ」をもらった「リベンジマッチ」を振り返った「平野紫耀」は、自分が「シュート」を決めた場面で「はい、俺かっこいい!」と喜ぶも、「ナレーション」で「しかしよく見てみると平野、ちょっと線を踏んでいた」と指摘されているのを知り「はい、もうストップです」と映像を「ストップ」します。ほかの競技の放送に対しても思うところがあったのか「「「MEDAL RUSH」は」厳しいんですよ。甘やかさないという意味ではすごいありがたいんですけど、ジャニーズってチヤホヤされるってイメージだったんで、厳しいなって」と「ブツブツ愚痴」を言っていたのでした。




その後、最後まで映像を見終わった「平野紫耀」は「岸「優太」くんだけシュート決めてないんですけど」「編集で切ったとかだけじゃなくてガチで岸くんだけしてないんですか?」と「岸優太」の活躍がなかったことに気が付いた様子です。「平野紫耀」が「6点」、永瀬廉・神宮寺勇太・高橋海人」が「4点」ずつを決めたのに対し、「岸優太」だけ得点を決められていなかったことが判明し、「平野紫耀」は「でもこれが岸くんの実力です」とまとめていました。

そんな一切活躍の場面がなかった「岸優太」ですが、「平野紫耀」の「パス」から「高橋海人」が「シュート」を決めた映像を見て「ちょっと待ってください。これ海人決めてますけど、もう1回見てもらっていいですか?」と「スタッフ」に巻き戻しを要請します。そして「ほら、見てください。僕がパスしてる」と「平野紫耀」に「パス」を回したのは自分だと自慢げに語り「僕のパスにもフォーカスを当ててほしかった」と愚痴を言っていたのでした。

この放送に「岸くんだけシュートしてないの気づいてたけど、言わないであげて「笑」」「グループに1人は岸くんみたいな人が必要だと私は思うよ。あなたはいいキャラだよ本当に素敵な人柄です」など「ファン」から「フォロー」の声が集まっていました。

「ジャニーズタレント」が「チヤホヤ」されている「イメージ」は他の事務所の「タレント」から見てもそう思っているでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました