ラウール★ジャニー喜多川前社長から退所宣告受けた過去★事務所辞めるか

ジャニーズ
Pocket

おはようございます。
今日は「ラウール★ジャニー喜多川前社長から退所宣告受けた過去★事務所辞めるか」の事をお伝えしたいと思います。

今年「1月、SixTONES」とともに「ジャニーズ事務所初」の「同時CDデビュー」を果たした「Snow Man」です。「ジャニーズJr.」として「スキル」を磨いた末に「デビュー」の「チャンス」を掴んだ彼らですが、下積み時代は、「ジャニー喜多川前社長」や、周囲の関係者に手厳しい注意を受けることもあったようです。「4月30日」放送の「ラジオ番組」「Snow Manの素のまんま」「文化放送」で、「グループ最年少・16歳」の「ラウール」が「Jr.にふさわしくない」と怒られた「エピソード」を語りました。

この日の同番組は、「新型コロナウイルス感染拡大防止」のため、「ラウール」と「渡辺翔太」が電話で収録に参加しました。自身の「“秘密”」を明かす「コーナー」「素の告白・私、実は」では、「人生で初めてパーマをかけた」という「女性リスナー」から、「実験に失敗した博士並みの髪形」になってしまったと嘆く声が届きます。「メンバーのみなさんは、髪形で失敗したことはありますか?」との質問を受け、「渡辺翔太」は「めちゃめちゃあるよ!」と共感します。同じく、過去に「パーマ」をかけた際、「博士みたいになったりとかしたことがある」と、振り返りました。

一方の「ラウール」も、「昔の自分の髪形とかを見るとさ、やっぱはやりとかあるわけじゃん、その時。ちょっと恥ずかしさとかもない?」と、「ヘアスタイル」にまつわる苦い思い出がある様子です。「俺はね、「“失敗だったな”」っていうのはないんだけど」と前置きしつつ、




「Jr.に入った頃は、すっごいロングヘアで。髪形を1個に縛ってたわけよ。で、横は刈り上げて、後ろも。スゴいまぁ、ホント「“いかついヒップホッパー”」みたいな髪形にしてたわけよ。ジャニーズJr.がね。そしたら、ジャニーさんとか、振付師の人とかが、「それはちょっとJr.にふさわしくない」「だから、明日それを切ってくるか、この事務所辞めるか、どっちかにしろ」って言われたの、俺「笑」。「え、マジっすか!?」みたいな。「じゃあ、切ってきます」って言って。で、切ったの。だから、ジャニーズとしてはよくなかったのかなって思ったの。全然、「ヘアスタイルとしては」失敗だなとは思わなかったけど」

と、「ロングヘア&刈り上げ」によって、事務所退所を突きつけられたと回顧します。「渡辺翔太」が「髪形でイメージ、印象とかだいぶ変わるもん」というと、「ラウール」は「そうそうそう。ジャニーズJr.として、ちゃんとしとかないとダメなのかなと思ったのよ。その時に」と、「ジャニー喜多川前社長」らの苦言で学んだそうです。

「Snow Man」といえば、もともとは「渡辺翔太、阿部亮平、岩本照、佐久間大介、深澤辰哉、宮舘涼太」の「6人」で活動していましたが、昨年「1月」に「ラウール、向井康二、目黒蓮」が加入し、「9人体制」になりました。「渡辺翔太」が「うちの深澤さん、パーマかけて、大仏みたいになった時ありましたよね」と、「3人」が仲間入りする前の話を持ちだすと、「ラウール」は「大仏がメンバーにいたんだ」と、冗談交じりに「コメント」。ちなみにこの時、「渡辺翔太」は「やっぱ会った日、俺、拝んじゃったもんね」と、思わず「“ありがたいものを見た気持ち”」になったそうです。

「ラウール」は「さすがだね、やっぱ。あの髪質はスゴいもんね。今のふっかさん、若干ヤバイよね。俺、「髪に」触った時に「“藁かな?”」と思った。藁なのかなと思ったら、一応髪だった」と、触り心地を表現しました。よほど的確な例えなのか、「渡辺翔太」は「おもろ!」と大爆笑していました。




前述の通り、「ラウール」は「Snow Man」に後から加わった「メンバー」であり、「ジャニーズ」に入所したのは「2015年5月」でした。「Snow Man」の中で、「ジャニーズ歴」はもっとも短いものの、小さい頃から一目置かれる存在だったようです。「1月25日」放送の音楽番組「COUNT DOWN TV」「TBS系」で、「SixTONES」と「Snow Man」の「メンバー」が対談した時、「SixTONES・松村北斗」は「ラウールのことなんだけどさ、俺、入った瞬間から、俺らもそうだし、周りのみんなもそうだけど、「スゴい踊りうまい、うまい」ってスゲー褒められてるの、俺スゲーうらやましかった」と語り、「田中樹」も「怖い振付師さんも、「樹、あいつは踊りうまいから見ておいたほうがいい」って言われた」と打ち明けています。

「ラウール」はかつて、「少年忍者」という「ユニット」に所属していましたが、「Snow Man」への加入が決まると、「Jr.」に詳しくない「ジャニーズファン」の間では「ラウールって何者?」「20代のメンバーの中にこんな子どもが入って、Snow Manはどうなっちゃうの?」といった疑問や、心配の声が出ていました。ですが、身近な事務所関係者は、最初から「ラウール」の将来性に期待していたのでしょう。だからこそ、「キツ」く「髪を切るように」と「アドバイス」したのかもしれません。

今回の「ラジオトーク」に対し、「ファン」も「ラウールのポニーテールにそんな運命がかかっていたなんて!」「初めて聞いた話でびっくり。素直に髪を切って、事務所を辞めないでくれてありがとう!」「やっぱりラウールって一目置かれる存在だったのかも。じゃないと「事務所辞めるか」とまで言わないよね」と、驚いていた様子です。今後も自分に似合う「ヘアスタイル」を探しながら、さまざまな姿を見せていってほしいものですね。

「ジャニ―喜多川前社長」は原石でもある「ラウール」の将来性を見込んでいたのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました