大倉忠義★誰や、これ編集したん?とスタッフに怒り★番組スタッフのイジりが大不評

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「大倉忠義★誰や、これ編集したん?とスタッフに怒り★番組スタッフのイジりが大不評」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクルF」「フジテレビ系」が「5月4日」に放送され、「メンバー全員」が登場しました。今回は「水」を「テーマ」にした内容でしたが、ある「VTR」での「“ゲストイジり”」が、「ファン」の間で物議を醸しています。

「鍾乳洞の水でコーヒーを淹れると、とんでもなくおいしいらしい」という「コーナー」は、栃木県佐野市の鍾乳洞に水を汲みに行き、その水を使って「絶品コーヒー」をつくるといった内容でした。「関ジャニ∞メンバー」が、「スタジオ」でその「コーヒー」を実際に飲むところまで放送されました。まず問題となったのは、その「水汲みロケ」を名前に「“水”」がつく芸能人に「オファー」する場面でした。




「横山裕」が「水樹奈々」、「安田章大」が「清水ミチコ」、「村上信五」が「清水アキラ」、「丸山隆平」が「温水洋一」と次々予想していく中、「番組スタッフ」が「アポ」をとったのは、「アニソン歌手」の「水木一郎」でした。「女性スタッフ」が、「水木一郎」の「マネジャー」に「水が名前についてる、ピッタリな企画だと思うので お願いできないかと思ってるんですけど」と電話をする「VTR」を見ていた「大倉忠義」は、「絶対納得してないわ」と指摘します。「安田章大」も「すげーオファーの仕方」と、困惑した表情を浮かべます。

「水木一郎」の「マネジャー」が「場所が場所なので」「暗くて狭い場所は入ったことがない」と断ろうとするも、「女性スタッフ」は髪の毛をいじりながら「頭の方にライトもつけてますので。ライト以上にスタッフが明るく振舞っていきますので」と説得します。これには「横山裕」も「何を言うとんねん!」と「ツッコミ」ながら苦笑いで、結局、「水木一郎」は「スケジュール」の都合で「出演NG」となりました。

その後も、「水道橋博士」や「水原希子、水野美紀」や「水野裕子」ら、次々と「アポイント」を取るものの、「全員NG」になります。そんな中、やっと「オファー」を受けてくれた芸能人は、「ドラマ」「監察医 朝顔」や「バラエティ番組」「ザ!世界仰天ニュース」「日本テレビ系」の「再現VTR」などに出演している、俳優の「清水ヨネタロウ」でした。「ナレーション」では、「清水ヨネタロウ」のことを「役者人生15年、まだまだみずみずしい将来有望な水芸能人」と紹介されていました。




早速「ロケ」が行われ、鍾乳洞の水がある地底湖に到着するまで、「2時間」もかかることが説明されると、「ありがとう清水さん、水芸能人。お願いします清水さん、水芸能人」と「ナレーション」が。これには「何回も水芸能人って言うな!」「大倉」「水芸能人ってなんやねん?」「丸山」と、「メンバー」も「猛ツッコミ」します。また、狭い隙間をほふく前進で進むという、過酷な「ロケシーン」で「このとき水芸能人は思った。「水のようにスルリとは抜けられないなあ」」と「ナレーション」がつけられると、「大倉忠義」は「誰や、これ編集したん?」と怒りの表情を見せたのでした。

その後、無事に鍾乳洞の水を汲んだ「清水ヨネタロウ」でしたが、「スタジオ」にいる「関ジャニ∞メンバー」に「コーヒー」を持ってきたのは、「番組AD」という「オチ」になります。「スタジオ」では「番組スタッフ」の笑いの声が上がっていたが、「関ジャニ∞メンバー」は「清水さんも忙しいから」などと、終始気を使う様子を見せていました。

この放送に「ネット」上では、「ゲストのイジリ方が笑えなかった。スタッフの空回りがひどい」「出演者側がスタッフをフォローするって何?スタッフのやり方に関ジャニ∞が引いてるのはヤバイ」「最近こういうスタッフの悪ノリ編集の番組が多くて不快。大倉くんが結構本気でキレてて、見ててつらかった」など、「番組スタッフ」への「批判コメント」が続出します。先週放送された「リニューアル第1回目」の放送は評判がよかっただけに、「2回目」にして残念な結果となってしまったのでした。

お笑い芸人でもない「番組スタッフ」が「ゲストイジり」をすれば笑いに繋がると勘違いしている自体、失礼極まりないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました