中島健人★YouTube連日公開★再生回数で平野紫耀に負けている

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「中島健人★YouTube連日公開★再生回数で平野紫耀に負けている」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「8月」に開設された、「ジャニーズ事務所」の「公式YouTubeチャンネル」「Johnny’s official」です。普段は出演番組の「PR」や、主に「CDデビュー組」の「プロモーション動画」を配信していますが、昨今の「新型コロナウイルス感染症拡大」を受けて、手洗い動画など続々と対策に関する有益な情報を発信中です。「木村拓哉」や「TOKIOメンバー」といった「ベテラン勢」から「若手グループ」までが動画を投稿して「ファン」を喜ばせている一方、動画の再生回数に「ファン」は一喜一憂しているようです。

「ジャニーズ」は、「2年」ほど前に「社会貢献・支援活動」をしていく「プロジェクト」「Johnny’s Smile Up! Project」を立ち上げ、実際に「タレント」が大規模災害の被災地に足を運ぶなど、さまざまな「バックアップ」を行っています。その一環として、「5月1日」には「Smile Up! Project ~続けよう、僕らにできることを」と題した動画を「YouTube」に「アップ」しています。「Hey!Say!JUMP・山田涼介、Sexy Zone・中島健人、King&Prince・平野紫耀編」をそれぞれ公開しましたが、「一部ファン」はその内容に加え、再生回数にも注目。数字を見ては一喜一憂しているようです。




「山田涼介、中島健人、平野紫耀」は「“グループの顔”」とも言える「メンバー」で、人気も高い「3人」です。ですが、「5日午後8時現在」の段階で、再生回数はもっとも後輩の「平野紫耀」が「59万台、山田涼介」は「37万台」のところ、「中島健人」は「22万台」と、少々出遅れています。「中島健人」の場合は、「Smile Up! Project ~続けよう、僕らにできることを。~「最前線でウイルスと対峙する医師インタビュー」Sexy Zone 中島健人」という「16分」の動画も同日に配信されており、こちらは「25万台」となっています。「Sexy Zoneファン」は若手の「平野紫耀」、先輩の「山田涼介」に再生数で負けていることが「ショック」だったのか、「再生回数の差が如実に出てる ケンティーのために動画を再生しよう!」「圧倒的に再生回数が少ない。無料なんだからSexy Zoneファンは全員見ようよ」「平野に負けてる!頑張ってケンティーの再生回数伸ばさなきゃ」と、奮起しています。

「中島健人」の数字に貢献しようとする「ファン」とは対照的に、「なぜこの動画の再生回数を気にしているのか、わからない。再生回数ばかり気にするのはイタいよ」「ケンティーだけ再生回数が少ないってツイートを見かけるけど、健人くんだけ動画が2本あるし、当然だと思う」「2本の再生回数を足せば、山田くんと変わらないし、心配しなくていい」「数字ばかり気にする人は、ケンティーたちがなんのために動画を出してるのか、理解していないのでは?」といった声もあるようです。本来は「新型コロナウイルス関連」の情報を届けるための動画であって、視聴数を競い合う企画ではないと疑問を抱いたのでしょう。

一方で、「YouTube」の再生回数は「ファン」だけでなく、「タレント自身」も注視している模様です。「4月29日、NEWS・増田貴久」の「メイン動画」「Smile Up ! Project ~「戀」歌います~ 増田貴久」が投稿されたところ、本人は「公式携帯サイト・Johnny’s web」の個人連載「増田貴久の○○」「5月1日更新」で、視聴者の反応に言及します。「動画ページ」内に「コメント欄」がある点に触れ、「全部見たよ。みんなのコメント見てて涙出たよ」と明かし、「海外ファン」からの「メッセージ」も読んだと報告しました。そして、最後には「動画の再生回数出るじゃん?ぜ、全然気にしてない!!!!!w」「ファンのみんな!頑張って!w 笑笑」と、「笑」の文字を含めてやんわりと協力を求めたのでした。




多くの「増田貴久ファン」は「まっすーが再生回数を気にして煽ってきたから、何回もリピート再生してる!」「まっすーがYouTubeの再生回数を気にしてるから伸ばさないと!」とやる気を起こしているものの、「こういう趣旨のプロジェクトまで再生回数を競わなきゃいけないのか」「本人も再生回数を気にする世の中なのね 再生回数のために視聴してるわけじゃない。再生するのが義務みたいになるのがイヤだな」と、わずかに否定的な「コメント」が見受けられます。とはいえ、呼びかけた効果なのか、再生回数は「70万台」と、順調に伸びていました。

「ジャニーズ」と「YouTube」といえば、「2018年3月」に事務所初となる「チャンネル」「ジャニーズJr.チャンネル」が誕生し、大きな話題になりました。「ヘッダー」と呼ばれる「チャンネルトップページ」の画像は「グループ」の動画再生回数に応じて変わると言われており、「Jr.ファン」の間では、「ヘッダー獲得」をめぐる再生回数の競い合いが日常茶飯事になります。同一端末や「アカウント」からは視聴しない など、再生回数が「カウント」される方法で繰り返し視聴して数字を稼いでいるようで、「他グループ」との争いに疲弊する「ファン」も出ています。そんな中、今回の「Smile Up! Project」「シリーズ動画」によって、「デビュー組」の「ファン」にまで同様の事態が発生することに。数字が「オープン」になっているからこそ、対抗したくなるのかもしれません。

このほか、「1日」公開の「Smile Up ! Project ~バタまご丼作ってみた~ 松岡昌宏」は「45万台」を記録するなど、動画内容でさまざまな方向性が示されると、熱心な「ファン」以外の視聴者にも需要がある様子です。素晴らしい試みだけに、「中島健人」らの動画も純粋に内容が評価され、再生回数が上昇していくことを期待したいですね。

「ファン」にとっては動画の内容よりも再生回数の方が大切なのは理解できなくもないのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました