神山智洋★東ブクロがガチアドバイス★メンバー大爆笑の訳とは

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「神山智洋★東ブクロがガチアドバイス★メンバー大爆笑の訳とは」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「5月2日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」です。前回に引き続き、「ゲスト」には「お笑い芸人・さらば青春の光」の「森田哲矢」と「東ブクロ」が登場しました。この日の放送では、「森田哲矢」が「モルック」という「フィンランド発祥」の「スポーツ」の日本代表選手で、世界大会にも出場したという話題から、実際に「WESTメンバー」も「モルック」に挑戦することになりました。

「モルック」とは、地面に立てられた「“スキットル”」という「1」から「12」の数字が書いてある木の棒を、「“モルック棒”」と呼ばれる木の棒を投げることで倒していき、「ピッタリ50点」を目指す競技です。「1本」のみ倒した場合は、「スキットル」に書かれた数字が得点となり、「2本」以上倒すと倒した本数が得点となります。また、「50点」を超えてしまうと「25点」に減点され、「3回連続」倒せなかった場合は失格となります。




今回は「3チーム」に分かれて対決することになり、「森田哲矢チーム」には「重岡大毅」と「小瀧望、モルック経験」のある「東ブクロ」が率いる「チーム」には「神山智洋」と「藤井流星」、そして、「さらば青春の光」の「ファン」である「濵田崇裕」が率いる「チーム」には「桐山照史」と「中間淳太」が加わりました。

まずは見本として、「第一投目」を投げようとする「森田哲矢」を、「桐山照史」が「モルック森田さん」と呼んでふざけていると、真剣な表情の「森田哲矢」から「うるさいな~!あいつちょっと出そうや!」と警告される一幕も。ようやく「ゲーム」が「スタート」すると、「WESTメンバー」も「モルック」の面白さに徐々に「ハマ」っていき、白熱の展開になります。

「濱田崇裕チーム」の「中間淳太」は、狙った番号の「スキットル」を見事に倒す「ナイスプレー」を見せ、「森田哲矢」も「うまい!日本代表候補!」と絶賛します。ほかの「メンバー」も「スキットル」を順調に倒していましたが、そんな中で「東ブクロチーム」の「神山智洋」と「藤井流星」は、失敗続きで「2巡目」が終わっても「1本」も倒せていない始末です。「東ブクロ」がなんとか倒して失格を免れていたのでした。




そして「3巡目」に挑戦しようとする「神山智洋」に対して、「東ブクロ」が「倒す楽しさを「味わってほしい」、まずな」と「“ごもっとも”」な「アドバイス」をすると、「WESTメンバー」は大爆笑します。その甲斐あってか、「神山智洋」はようやく「スキットル」を倒すことに成功し、大喜びします。さらに「藤井流星」の番では、「“倒す楽しさ”」をようやく知った「神山智洋」が「俺らは一回楽しもう!」と「アドバイス」します。すると「藤井流星」もようやく「スキットル」を倒すことができ、「やったー!倒した-!」と思わず「ガッツポーズ」をして歓喜したのでした。

勝負の行方は、終盤で「森田哲矢チーム」の「重岡大毅」が「スーパープレー」を見せ、「森田哲矢」が「天才が現れた!」と大興奮します。勢いそのまま、「森田哲矢チーム」が「濵田崇裕チーム」との接戦をものにして勝利しました。

大盛り上がりだった今回、放送後には「森田哲矢」本人が「Twitter」で、「モルック終了後、あまりにハマってくれてたのでWESTの皆さんにモルックセットを差しあげました。むちゃくちゃやり込んでくれることを期待します!」という「エピソード」を披露しました。「WESTメンバー」が「モルック」普及に一役買った回となったようです。

どんな競技でも楽しいと思えることが一番の上達に繋がることは間違いないようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました