玉森裕太★キスブサで即興ラップ披露★ヤベえ!&爆笑と酷評&最下位に

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「玉森裕太★キスブサで即興ラップ披露★ヤベえ!&爆笑と酷評&最下位に」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2」の冠番組「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」が「5月7日」深夜に放送されました。この日は前週に引き続き、「緊急!キスブサリモート会議」として、「メンバー」がそれぞれ別の場所から「リモート出演」しました。「寝られない」と電話を掛けてきた彼女への「キュンとさせる電話越しの一言」に「チャレンジ」することとなりました。

この日、彼女役兼審査員を務めた「カヨコ」こと、「お笑いタレント・大久保佳代子」から最も高評価されたのは、「横尾渉」でした。「ずっと「電話を」待ってた」「パンツ一丁で」とふざけつつ、最後に「大久保佳代子」が「五・七・五でカヨちんをキュンとさせてほしいな」と、俳句が得意な「横尾渉」に「ムチャぶり」します。これに「横尾渉」は戸惑いながらも、即興で「カヨの顔 窓越しに見る 春の虹」という川柳を披露し、「大久保佳代子」は大興奮していました。




「チャレンジ」後、「横尾渉」はこの川柳について、「朝起きて、「カヨちゃんの顔見たいな」と思って外を見たら、春のきれいな虹が出てて、「カヨちゃんみたいだな」って」と解説します。これに「大久保佳代子」は大喜びで、「文学的だし、ロマンチック」と大絶賛の上、「いつものスタジオよりもいい!」とまで言われ、堂々の「第1位」となりました。

反対に、最も低評価だったのは「玉森裕太」でした。「午前4時」に目が覚めた「大久保佳代子」が、「玉森裕太」に電話をかけるという設定だったものの、電話に出た「玉森裕太」はいきなり「“ボイスパーカッション”」を披露します。「大久保佳代子」が戸惑っていると、「玉森裕太」は「ごめん!ラップ聞いてた!」と言い訳を展開し、「メンバー」までも苦笑いさせていました。なんでも、「玉森裕太」は夜通し「ラップ」を聞いていたそうで、その「ハマ」りぶりについて熱弁しだします。

さらに、「玉森裕太」は「なんかないの?こういうこと言ってほしいな、みたいなのがあれば」と、「大久保佳代子」に「リクエスト」を求めます。「カヨコへの子守唄をラップしてもらっていい?」「大久保佳代子」がいうと、「玉森裕太」は「カヨコ そろそろ寝ろよ お前の頭 イカれちまうぞ」「カヨコ お前 こんな時間に」と「ラップ」を披露します。そして、また「ボイパ」を始め、最終的には「オ ヤ ス ミ」と、電話を切っていました。




電話が終わったあと、「大久保佳代子」は「「“キュン”」はしないですよ、正直」と「バッサリ」。「寂しい気持ちはなくなった」と話していたものの、結果は最下位となりました。「「キュンとさせて」って言ってるのにラップ。夜中にラップ聞いてるって、ヤベえじゃん!」と追い討ちをかけられ、苦笑いを浮かべる「玉森裕太」でした。

この日の放送に「ファン」からは、「玉ちゃんの子守歌ラップで爆笑した!キュンとはしないけど「笑」」「玉森くんってもう、「キスブサ」でふざけることしかできなくなったの?」「横尾さんの川柳、すごくステキだったな〜。納得の第1位!」といった声が集まっていました。

彼女からの寝られない電話で「ボイパ」で答えようとする自体、人間としてどうかと思いますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました