ジャニーズ★二宮和也さん交際質問★止めはしないと容認★異例のマスコミ対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ジャニーズ★二宮和也さん交際質問★止めはしないと容認★異例のマスコミ対応」の事をお伝えしたいと思います。

4月16日」に行われた「主演ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」「プレミアム試写会」で、「二宮和也さん」が「“初の公の場”」に登場しました。「同12日」発売の「女性セブン」「小学館」で、「元フリーアナウンサー伊藤綾子さん」との「ドライブデート」が報じられ、交際継続が明らかになった瞬間から、「ファン」は拒絶反応を示し続けています。そのため、「二宮和也さん」の対応に大きな注目が集まっていた中、「ジャニーズ事務所」は試写会を訪れた「マスコミ」に対して、意外にも「“やや寛容”」な態度を示していたといいます。

すでに「各メディア」が報じている通り、舞台挨拶終了間際には、「伊藤綾子さん」との交際について質問が飛んだというものの、「二宮和也さん」は無言のままだったといいます。




ドラマ」と関係のない質問は「NG」といった警告は、事前になかったようです。「MC」は「アナウンサー」が担当し、質疑応答の時間もなかったため、新聞に「雑誌Web媒体」と多数の「メディア」が集まりましたが、「ステージ」は終始つつがなく進行していきました。

ですが、「二宮和也さん」にとって「“初の公の場”」ということを意識したのは、取材に訪れた「マスコミ」だけでなく、「ジャニーズサイド」も同様だったようです。

会見前、「ジャニーズ関係者」は記者や「レポーター」らに「止めはしないけどほどほどに」と、「伊藤綾子さん」に関する声かけを、暗に認めていました。「ガッツリ」と交際報道が出ているのに、質問さえ封殺するのは得策ではないという判断だったのでしょうか、各記者に「“緩やかなガス抜き”」をさせるかのような物言いだったようです。




そして終了間際、「二宮和也さん」の退場を見越して、数人の記者が「ステージ際」に移動し、一斉に「交際報道がありましたが?」などと声がけを行ったといいます。

至近距離から、「3~4回」ほど大声で質問を浴びせられていたので、「二宮和也さん」は確実に聞こえていたようです。ですが、「二宮和也さん」は視線は一切変えず、歩調もそのままで、何事もなかったかのように「“完全無視”」で「ステージ」を降りていったようです。質問が来ることを想定したうえで、一切「リアクション」しないことを決めていたのであろうと思わせる、余裕の退場ぶりだったようです。

マスコミ」に対しては、やや「サービス精神」を見せた「ジャニーズサイド」でしたが、当然「ファン」の疑問や不安は置き去りの状態でした。「二宮和也さん」の「“完無視”」対応は今後も続くのでしょうか。

数年前には考えられなかった「ジャニーズ」の「マスコミ対応」には「緩やかなガス抜き」が感じられますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。