木村拓哉★インスタグラム開始★motherスペル間違い★天然で愛おしい

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「木村拓哉★インスタグラム開始★motherスペル間違い★天然で愛おしい」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP・木村拓哉」が、「5月8日」に「公式インスタグラム」を開設しました。「11日」時点で、「フォロワー」は「132万人」を超えたほか、妻で「歌手・工藤静香、」娘で「モデル」の「Cocomi、Koki,」も父の「アカウント」を「フォロー」するなど、大きな話題になっています。一方、「ファン」からは「インスタ開始」に不安の声も漏れていましたが、さっそく「“凡ミス”」を犯した「木村拓哉」に、「ネット」上で「ツッコミ」の声が殺到しました。

「2018年12月」に「中国版Twitter」「Weibo「微博」」を始め、娘の「デビュー」後は家族写真も解禁している「木村拓哉」です。「8日」の初投稿では「新型コロナウィルスの影響で自粛が続く中で、より皆さんと近い形でのコミュニケーションを国内外に取らせていただける場所として、インスタを始める事にしました」「原文ママ」と、報告しました。「ファン」へ向けて、「ファンクラブのような場所も作らせていただこうと思っています」と、「ファンクラブ開設」についても言及しました。




「木村家」に関しては、「工藤静香、Cocomi、Koki,」はすでに「公式アカウント」を持っているため、これで全員が「インスタグラム」に勢揃いする形になりました。

「工藤静香」は「SMAP」解散直後の「2017年1月」に「インスタ」を「スタート」させ、料理の写真を「アップ」するなど、「木村拓哉ファン」の神経を逆なでし、たびたび炎上します。先日も、洗面所にて自身の「ヒット曲」「嵐の素顔」を「アカペラ」で歌ったところ、「木村拓哉」が「ジャニーズ事務所」の「公式YouTube」に「アップ」した動画と同じ撮影場所だったため、「旦那と同じ洗面所で撮るところがいやらしい」と、顰蹙を買っていました。一方、「娘2人」は何度か自宅から「インスタライブ」を行っており、「10日」の母の日の配信では、両親の「顔モノマネ」を披露します。「ジャニーズ」の家族が「SNS」で身内を「ネタ」にすること自体、珍しいのですが、娘たちは「オープン」に語っています。

「Twitter」上では、「キムタクの娘さん、インスタ見てると、家族仲が良いんだな~っていうのが伝わってくる」「あの一家の露出の仕方は好感度が高い。工藤静香はよくネットで叩かれているけど、インスタ見たらとても素敵なこと書いてる」「キムタクの娘さんは本当に可愛い。工藤静香もいい妻であり、いい母なんだろうな」と、一家を支持する人も少なくありません。

こうした好意的な声の一方、「木村拓哉ファン」からは「インスタ、やめた方がいいと思う」という声もあるようです。「木村拓哉」には「“天然”」なところがあるため「SNSは向いていないのではないか」と、懸念しているようです。「weiboは中国語だからノリで投稿できなかったけど、インスタは危ない」と今後の内容を不安視する指摘をはじめ、「私たちにとって木村拓哉はスーパースター。家族の尻の下に敷かれているような姿は見たくない。工藤家の人々には、ファンの夢をぶち壊さないでほしい」「こういう時だからこそ「ファンとつながれる場所を」とインスタグラムを始めてくれたのは木村くんらしい。でも、家族アピールするのは勘弁して」と、否定的な「コメント」も見受けられます。また、「コメント欄」を閉じている点について、「「コミュニケーションを取らせて頂ける場所」として開設したと言っているわりには、これでは一方通行だよ」との意見もあるようです。




そんな中、本人は「9日」に「周りの人のことを考えて、出来るだけマスクをしよう」などと、「新型コロナウイルス感染拡大防止」のために「マスク」の重要性を訴えました。「STAY HOME!!」「STAY POSITIVE!!」と呼びかけて写真も「アップ」したのですが、車に乗った「木村拓哉」が「シートベルト」を締めている一枚だったため、「ネットユーザー」からは「車でどこかに出かけるの?「STAY HOME」の説得力がなさすぎ」と指摘が飛び交うことになります。かたや、「ファン」は「案の定ツッコまれてるね。彼の天然さが発揮されてる」「写真上げる時は、こういうのも気をつけないとダメだよ」と、「ヒヤヒヤ」しながら見守っているようです。

「翌10日」には、「青いカーネーション」の写真を載せ、「「happy mather’s day!!」拓哉」と投稿します。ですが、「mother’s」のつづりが間違っており、「ファン」は「あんなに堂々とスペルをミスしちゃうところが木村くんらしい」「拓哉、スペル間違ってる「笑」。やっぱり天然」「mother’sのスペルが違ってて、天然で愛おしい」と失笑しています。「木村拓哉」は後から、しれっと「happy Mother’s day」に修正していました。「木村拓哉」は過去に「テレビ番組」で、「Michael Jackson」「マイケル・ジャクソン」を「Michel Jakson」と書いたほか、「ラブシーン」を「LOVE SEANS」「正しくはLOVE SCENE」と誤記したのです。「木村拓哉」に「SNS」は向いていないのではないか と「一部ファン」が心配していた通り、「インスタ開始」直後に「2度」も天然が出てしまいました。

今後は、投稿文だけでなく、使う写真もしっかりと確認しつつ、「インスタ」を活用していってほしいものですね。

天然で愛おしいと思えるところが「木村拓哉」の一番の魅力なのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました