二宮和也★リーダーとか相葉くんと自身の違いとは★こういう人間だものと弁解の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★リーダーとか相葉くんと自身の違いとは★こういう人間だものと弁解の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「bay storm」「bayfm」が「5月10日」に放送されました。




この日の番組中盤に取り上げられたのは、小学校で働いているという「リスナー」から届いた「反抗期ありましたか?」という「質問メール」でした。「二宮和也」は「絶対にありましたよ」と断言し、「この人間が、ね?反抗期がないなんて、そんなはずはないじゃない、絶対。こんな生き方をしている人間が。絶対にあったよね、って人じゃん!」と力強く「コメント」しました。

ですが、「リーダーとか相葉くんって、反抗期なかったんだって」と、「大野智」や「相葉雅紀」は無縁だったそうで、「「反抗期ってなんですか?」って聞いてきたもん」とのことです。「でも、人となり見てたらわかるじゃん。「だろうな」って」と、「2人」の穏やかな性格に納得しつつ、「俺は絶対あるじゃん、反抗期」と、あらためて断言しました。

とはいえ、具体的な「反抗期エピソード」は出てこず、「明確に、親に「うるせぇくそばばあ」って言った記憶はない」とのことです。「イヤイヤ期が長いかもしれない。「あれは嫌です」「これは嫌です」って」と自身を振り返りつつ、「反抗期ってなんか、もっと熱量が高いっていうか。「“肯定しない期”」じゃないですか」と、独特の表現で説明します。自身は、そうした反抗期とは異なったそうですが、「でも絶対あったのよ、反抗期は。こういう人間だもの」と再び力説していました。




なお、反抗期については「結局わがまま言ってるだけ」とぶった斬り、「しゃべれるようになってからが反抗期。だから面倒くさい、余計に」と話していました。

この日の放送に「リスナー」からは、「リーダーと相葉くん、反抗期ないのさすが!」「相葉くんは本当に反抗期なんてなさそうだな」「反抗期の具体的なエピが出てこないところに二宮和也の人格形成の断片を見た気がした」という声が集まっていました。

人間が成長していく過程では反抗期の時期が必要不可欠だと言う意見もあるようですが「大野智&相葉雅紀」に限っては全く当てはまらないようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました