大野智★鍵のかかった部屋再放送で2桁獲得★来年以降は実質引退でこれが最後かも

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「大野智★鍵のかかった部屋再放送で2桁獲得★来年以降は実質引退でこれが最後かも」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・大野智主演」の「連続ドラマ」「鍵のかかった部屋」「フジテレビ系」が、「5月11日」に特別編として再放送され、「平均視聴率10.8%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同」を記録しました。本放送から「8年」ぶりにもかかわらず、視聴者や「ファン」からも大好評を博しましたが、今後「芸能界引退」状態になるとみられる「大野智」は、この声をどう受け止めているのでしょうか。

「2012年」の「フジテレビ系」「月9」枠で放送された同作です。「大野智」は「防犯オタクの青年」という役柄で、数々の密室事件に挑むという「ストーリー」です。今回の再放送中には「SNS」上では「滑舌の悪さが気になる」といった書き込みが噴出していましたが、それでも久しぶりに「大野智出演ドラマ」が「テレビ」で「オンエア」されたことで、「やっぱり役者としての大野くんが大好き」「大野くんの演技をもっと見たい!」という好意的な声が多数上がっていました。




「大野智」の最後の「連ドラ出演」は、「2016年」の「世界一難しい恋」「日本テレビ系」です。それ以前では、「2014年」の「死神くん」「テレビ朝日系」、「2012年」の「鍵のかかった部屋」、「2010年」に「怪物くん」「日本テレビ系」と、「2年」に「一度ペース」で出演をしていたのです。また映画主演は、「2017年公開」の「忍びの国」が最後で、それ以降、役者としての活動はまったくなくなっていました。

「大野智」は昨年「1月、嵐」の活動休止発表会見で、「嵐としての活動を一旦終えたい」また「自由に生活をしてみたい」と思い、それを「メンバー」に伝えたことを明かしています。

「メンバー」や「ジャニーズ事務所」とも話し合い、最終的に「活動はしないもののジャニーズには残留」という落としどころになりました。ですが、「大野智」をめぐっては、活動休止後の来年以降「沖縄に移住する」といった報道もあるだけに、実質的に「芸能界引退」という形になるとみられています。いま振り返れば、「大野智」は役者業だけでなく、個別で「バラエティ番組」などの「レギュラー」を担当することもしませんでした。「嵐」としての活動と、自身の「自由に生活をしたい」という思いの狭間で、ずっと戦ってきたのでしょう。




そんな中、「コロナ禍」の影響による「主演ドラマ」の再放送で、「“俳優需要”」が立証された上に、視聴率も上々という結果を残した「大野智」です。

これを受け、「大野智」の役者業への「モチベーション」が上がったかというと、現状では考えにくいようです。もしかしたら、「大野智」の演技を「テレビ」で見られるのは、「鍵のかかった部屋」の再放送が最後となる可能性もあります。

「ファン」としてはなんとも悲しい話ですが、「大野智」が新規の「“役者仕事”」に挑む機会は、もう二度とないのでしょうか。

「大野智」の演技に対する評価が「2桁」と言う数字に繋がったのは間違いないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました