手越祐也★コロナ禍で女性と宴&昭恵夫人と花見★処分なしの怪

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★コロナ禍で女性と宴&昭恵夫人と花見★処分なしの怪」の事をお伝えしたいと思います。

「女性スキャンダル」や、犯罪容疑者との写真流出騒動など、これまで数々の不祥事を起こしてきた「NEWS・手越祐也」です。「5月13日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」によると、「手越祐也」は「新型コロナウイルス感染拡大防止」のため、政府が「緊急事態宣言」を発令し、「ステイホーム週間」と言われていた「ゴールデンウィーク」中、女性を飲み屋に呼んで宴を楽しんでいたといいます。「3月」には、「安倍晋三首相」の「妻・昭恵氏」らと「“花見”」をしていた疑惑が浮上したばかりですが、「素行の悪さは相変わらずで、まったく懲りてない」ようです。

小学館が運営する「ニュースサイト」「NEWSポストセブン」「3月26日付」では、「安倍昭恵氏、花見自粛要請の中で私的「桜を見る会」していた」という記事を配信しました。「昭恵氏、モデル」の「藤井リナ、手越祐也」をはじめとする「13人」が桜の下で撮った写真を公開しました。これは、「3月下旬」に都内某所で撮影されたものだといい、国会でも問題になるなど、物議を醸した「1枚」です。




この騒ぎを受け、一部の「手越祐也ファン」は「手越祐也」の髪形から「去年の写真ではないか?」と指摘していたほか、中には「合成写真に見える」と疑う声もあるようです。ですが、今回の「文春」の記事によれば、「手越祐也」は外出自粛期間中にもかかわらず、「俺この前、昭恵さんと花見したー」と、六本木の「キャバクラ」で自慢していたのだそうです。やはり、花見写真は「1年前」ではなく、今年の「3月」に撮られたものなのでしょう。

花見写真の件では、「ジャニーズ事務所」から「手越祐也」に対する処分は「“注意”」程度だったそうです。彼は、「藤島ジュリー景子社長」の「お気に入り」といわれていますが、そもそもは「藤島ジュリー景子社長」の母である「メリー喜多川会長」の寵愛を受けています。昨今「ジャニーズ」は、不祥事を起こした「タレント」に厳重な処分を下しているとはいえ、実際に活動自粛に至ったのは、「滝沢秀明副社長」が管轄する「グループ」の「メンバー」や「ジャニーズJr.」ばかりです。逆に「藤島ジュリー景子氏」管轄で、かつその「タレント」が「“オキニ”」の場合は、内々の注意だけで済んでしまうことが多いと言えます。

「NEWSメンバー」といえば、「2018年6月」に、「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が未成年女性と飲酒していた事実が発覚します。主体的に飲み会を開いた「小山慶一郎」は「約3週間」の活動自粛となりました。これに関連して、同年「6月」発売の「週刊文春」は、「手越祐也」が当時「19歳」と「17歳」の「未成年タレント」らと「パーティー」に興じていた模様を「スクープ」します。さらに、同「9月」にも、「ウェブサイト」「週刊文春デジタル」が、当時「19歳」の未成年女子を含めた飲酒目的の「バスツアー」を過去に主催していたと報じました。このように、「手越祐也」の愚行は何度も報じられてきましたが、表立った処分を受けていません。




今年「3月、Snow Man」の「岩本照」について、「フライデー」「講談社」が「過去に未成年女子とラブホテルで合コンし、飲酒していた」と写真付きで伝えました。記事を受け、「ジャニーズ」が「岩本照」に事実確認を行ったところ、同席者に未成年者がいたという認識はなかったものの、酒席への参加は認めたと公表します。「ジャニーズ事務所所属タレントとしてふさわしくない行動」だとして、活動自粛処分を下しました。一方、「手越祐也」に至っては一度だけでなく、複数回にわたって未成年者との飲酒が報じられています。「岩本照」よりも「手越祐也」のほうがよっぽど悪質でしょう。「岩本照」の「ファン」からすれば「なぜ?」と事務所に怒りを覚えるのではないでしょうか。

相次ぐ「スキャンダル」でも「“お咎めなし”」で、芸能活動を続けている「手越祐也」です。今後も、「メンバー」や「グループ」によって、処分の差が如実に出てしまえば、「ファン」から不満の声が噴出するはずです。「藤島ジュリー景子社長」と「滝沢秀明副社長」どちらの管轄下か、また「“オキニ”」か否かに関係なく、公平性のある一律の処分基準を設けるべきなのかもしれないですね。

「ジャニーズファン」の不満だけでなく処分を下されて活動自粛に追い込まれた「ジャニーズタレント」からも「手越祐也」に対する不満が出ても不思議ではないと思うのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました