滝沢秀明副社長★ジャニーズ15組によるTwenty★Twenty発表★不満続出

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「滝沢秀明副社長★ジャニーズ15組によるTwenty★Twenty発表★不満続出」の事をお伝えしたいと思います。

「5月13日、ジャニーズ事務所公式サイト」「Johnny’s net」で、「CDデビュー」を果たしている「所属アーティスト15組総勢76名」による「期間限定ユニット」「Twenty★Twenty」「トゥエンティー・トゥエンティー」が結成されることが発表されました。ですが、この決定事項に「ジャニーズJr.ファン」から「ジャニーさんのトニトニ構想と真逆じゃん」「トニトニはJr.のために作られたのに」「Jr.はどこいった?」と不満の声が上がっています。




現在、「ジャニーズ事務所」は「2018年」に起きた「平成30年7月豪雨」の被災地支援をきっかけに立ち上げられた「Smile Up!Project」を通して、「新型コロナウイルス感染拡大防止」に関する医療支援活動などを行っていますが、「Twenty★Twenty」もその一環で、「チャリティーソング」を制作するといいます。「Mr.Chilrden」の「櫻井和寿」が楽曲「Smile」を書きおろし、「2018年」に「第一線」を退き、現在は「ジャニーズ事務所」の副社長を務める「滝沢秀明副社長」」が「プロデュース」を務めることも発表されています。

「Twenty★Twenty」の結成は、「12日」の夜から、「Twitter」上で真偽不明の情報として出回っており、「ファン」は騒然となっていました。というのも、もともと「故・ジャニー喜多川氏」が、「東京オリンピック開催」の「2020年」に、「20+20」の「合計40人」の「ジャニーズJr.グループ」を「デビュー」させる「2020「トゥエンティー・トゥエンティー、通称:トニトニ」」という「プロジェクト」を構想していたのです。最初にそれが明かされたのは「2013年」で、「2018年」には「ジャニーズJr.内ユニット・少年忍者」の「一部メンバー」らが実際に「トニトニ」の「メンバー候補」として発表されたこともあっただけに、「メンバー」が「デビュー組」だけで構成されていることに「私たちの知ってるトニトニじゃない」「ジャニーさんの構想を完全に無視してる」と怒りを募らせている「ファン」も多いようです。

ただ、今回の「プロジェクト」にあたり、「滝沢秀明副社長」は「ジャニーが生前2020年東京オリンピック開催にあたり期間限定ユニットTwenty★Twentyを結成するとの壮大なプロジェクトがございました。しかし東京オリンピックは来年に延期となり、この様な情勢下、2020年Twenty★Twentyプロジェクト、グループ名は消滅しかけていました」と「コメント」。決して「ジャニー喜多川氏」の意向を無視したわけではないようです。




「Twenty★Twenty」という「グループ名」には「2020年」という意味も込められています。「新型コロナウイルス」の世界的な流行によって、今年の「オリンピック開催」は来年に延期することが発表されていますが、「ジャニーが残したこの最後のグループ名は、今このような状況だからこそできる事があるはずと想いを新たに、役回りは変わりましたが、Twenty★Twenty、ジャニーの集大成として社会貢献できればと思います」というように、「滝沢秀明副社長」は「ジャニー喜多川氏」の遺志を継承すべく、苦肉の策を講じたようです。そのため、「ネット」上では「こういう形でもジャニーさんの想いを引き継げたのはよかった」「2020年を目標にしてたわけだし、できる範囲で形にしただけで立派だよ」という声も上がっています。

とはいえ「ちょっと待ってよタッキー!TOKIOが入ってないんだけど」という声のほか、海外留学中の「Hey!Say!JUMP・岡本圭人」や病気療養中の「Sexy Zone・松島聡、King&Prince・岩橋玄樹」、未成年女性との「飲酒合コン」により謹慎中の「Snow Man・岩本照、CDデビュー」を果たしている「中山優馬」が、いずれも「参加メンバー」に含まれていないことについて、悲痛の声も上がっています。「総勢76名」という大所帯ですが、一体どんな活動になるのでしょうか。続報に期待したいですね。

「ファン」の賛否両論な意見があるとは思いますが「ジャニー喜多川氏」意思を受け継いだ「滝沢秀明副社長」の手腕に期待したいと思うのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました