櫻井翔★VS嵐を欠席した理由を電話報告★リモート収録にやりたかったなと胸の内を吐露

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「櫻井翔★VS嵐を欠席した理由を電話報告★リモート収録にやりたかったなと胸の内を吐露」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「5月14日」に放送されました。この日の放送は、初となる「リモート 嵐-1グランプリ」が開催されました。「嵐メンバー」がそれぞれ別室から出演し、さまざまな対戦を行いました。




「新型コロナウイルス感染防止」のため、今回は「メンバー」が一人ずつ部屋に入り、離れた場所から収録に参加します。各部屋は緑色の壁に囲まれ、ほかの「メンバー」の目線が把握できるよう「顔パネル」も立てられており、合成技術によって普段の「スタジオ」で揃って収録しているかのように再現されました。ですが、その場に「櫻井翔」の姿は見当りません。実は、収録日である「4月28日」の前日に検温したところ、一時的に熱が上がっていたため、大事を取って撮影を欠席したとのことです。

そのため「櫻井翔」を除いた「4人」での収録となりましたが、冒頭では「櫻井翔」と電話がつながっており、「松本潤」が「櫻井くん!」と呼びかけると、「櫻井翔」の静止画が、画面中央に出現し、「はいはい、櫻井で~す」という元気そうな声が。「すいませんね、今日お伺いできなくて」と謝罪した「櫻井翔」は、「大丈夫なの?」という「メンバー」の心配をよそに、「いや、もう体調すこぶる良くてね、朝起きて熱測ったら驚きの、平熱を下回るっていうね」と、すでに発熱は引いたことを明かしていました。

「松本潤」が安心したように、「本当は来れるくらいの体調なんだ?」と言うと、「櫻井翔」は「万一のことがあったらいけないので、今日はこういった形で」と「コメント」しました。「今日あれでしょ?「VS嵐」の収録じゃなくて、「ウゴウゴルーガ」「同、1992~1994年」の撮影でしょ?」と、「CG合成技術」を駆使した「子ども向けバラエティ番組」の番組名を出し、冗談も飛ばしていました。そんな「櫻井翔」が「スタッフも別室にいないってことなんでしょ?」と聞くと、「二宮和也」が「いない。全然ウケないんだよ、今日」としょんぼりして答え、「櫻井翔」が爆笑する一幕も。「ほかのメンバーの声だけが頼り」という「松本潤」に、「櫻井翔」は「今、このタイミングだからこその「VS嵐」じゃない。やりたかったな」と、熱も下がり、異変を感じる部分は何ひとつないというだけに、収録に行けなかったことを悔やんでいました。




その後、「リモート 嵐-1グランプリ」では、「4人」が「リモートシステム」を使い、さまざまな勝負を展開します。音なしの状態で「デビュー曲」「A・RA・SHI」「1999年」をそれぞれが踊る「ダンス時計GP」や、「4人」が突然芸能人に「テレビ電話」をし、その芸能人に「スゴイ!」と言わせた回数を競う企画などが放送され、「メンバー」も「ゲスト芸能人」も大盛り上がりでした。

この日の放送に視聴者からは、「リモート初の試みだったけど、嵐が際立つのでとても良かった!」「いろいろ制限があるなかで、こんなにも「“嵐らしさ”」をたくさん感じることができるなんて!」「次回の収録では翔くんも参加できて5人揃ったらいいな」という声が集まっていました。

「櫻井翔」の熱の原因が「新型コロナウイルス」でなかったことに安堵しますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました