平野紫耀さん★花のち晴れ★○○が賛否両論★顔はカッコいいのに残念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「平野紫耀さん★花のち晴れ★○○が賛否両論★顔はカッコいいのに残念」の事をお伝えしたいと思います。

KingPrince平野紫耀さん」が出演している「ドラマ」「花のち晴れ花男 Next Season~」「TBS系」が「4月17日」に「スタート」しました。

本作は、「神尾葉子氏」の「人気マンガ」「花より男子」「集英社」の新章として、現在「少年ジャンプ+」で連載中の「同名マンガ」が原作です。前作から「10年後」の英徳学園が舞台となっています。「第1話」は、「江戸川音」「杉咲花さん」がまだ「“お金持ち”」だったころから「スタート」します。「」はなに不自由なく生活をしていましたが、「江戸川誠」「反町隆史さん」が経営する「大手化粧品メーカー」「エドクオリティ化粧品」が倒産し、生活が一変します。「」は漁船に乗って出稼ぎに出てしまい、「英徳学園高等部2年生」となった「」は、「由紀恵」「菊池桃子さん」と「2人」、「アパート」で貧乏生活を送りながら、「“隠れ庶民”」として英徳学園に通っていました。




英徳学園で「“カリスマ”」として崇められているのが、「神楽木ホールディングス」の御曹司である、「神楽木晴」「平野紫耀さん」です。幼馴染みの「平海斗」「濱田龍臣さん」、「真矢愛莉」「今田美桜さん」、「成宮一茶」「鈴木仁さん」、「栄美杉丸」「中田圭祐さん」とともに「C5」を結成し、「学園に寄付金を払えない庶民は英徳にふさわしくない」と、「“庶民狩り”」を行っています。ある日も、「」と同じ「クラス」の男子生徒「ジャニーズJr.宮近海斗さん」が「“庶民”」であることが「バレ」てしまい、「C5」に退学届を書くよう突きつけられていました。

」は「スポーツ万能」で「7カ国語」を操る天才、さらに「カッコ」よすぎる顔面で女子生徒からも大人気です。さらに、「10年前」に英徳学園に存在した「F4」の「リーダー道明寺司」「松本潤さん」を、まるで「“”」のように慕い、憧れています。そして「」は、英徳学園が近隣の桃乃園学院に人気を奪われ、生徒数が減ってきていることを心配し、「これ以上学園の品格が落ちたらあの人たちF4に顔向けできねえ」と英徳学園の栄光を取り戻そうとしているのでした。

その桃乃園学院の生徒会長で、生徒たちから絶大な信頼と人気を得ているのが、「馳天馬」「中川大志さん」です。「一馬」「テットワダさん」は日本を代表する「IT企業」「HASE LIVE」の社長で、絵に描いたような御曹司です。そして「天馬」は、「」の「フィアンセ」でもあります。「」は、「天馬」の「継母利恵」「高岡早紀さん」から「18歳になるまで英徳学園に通うこと」を結婚の条件にされているため、「“庶民狩り”」で退学になることに怯え、「クラスメイト」たちから距離を置き、「ボロボロ」の家に住んでいることが「バレ」ないよう走って下校する毎日を送っています。そんな生活を我慢しながら、「」は英徳学園に通っているのでした。

そんなある日、「」は「バイト先」の「コンビニ」で、宅配便を受け取りに来た「」と「バッタリ」会ってしまいます。「」は「“怪しい開運グッズ”」を購入していることが「」に「バレ」、「」は「コンビニ」で「バイト」していることが「」に「バレ」てしまいます。お互い「終わった」とつぶやき、絶体絶命の「ピンチ」になります!実は「」、実際は「7カ国語」話せるのは「“あいさつ”」だけで、「ケンカ」に弱く「小心者開運グッズ」を買って強くなろうとするような、「ヘタレ」で「ビビリ」だったのでし。お互いの「“秘密”」を知ってしまった「」と「」は、翌日学校で顔を合わせるのですが。




大ヒットドラマ」「花より男子」の続編とあって、今作の注目度も高かったようですが、結果的には平均視聴率「7.4%」「ビデオリサーチ調べ関東地区」と物足りない数字になりました。さらに、「ネット上」ではある「シーン」で登場した「道明寺司」を演じた「松本潤さん」の話題ばかりが取り上げられ、「平野紫耀さん」ら「花のち晴れ」出演者はやや食われ気味な印象でした。

平野紫耀さん」は「2014年」に「連続ドラマ」「SHARK」「日本テレビ系」で初主演を務め、今年「3月」には主演映画「honey」が公開されました。さらに主演映画「ういらぶ。」が公開を控えており、「KingPrince」きっての「“演技派”」として期待されています。ところが、「花のち晴れ」を見た視聴者からは「なんかこの子ずっとセリフが聞き取りにくいなあ」「申し訳ないけど声が主役向きじゃない感じ張りがないのかな?」「主演の平野くん顔はかっこいいのに声が残念だなあ~」と、「平野紫耀さん」の個性的な声を指摘する意見が多数上がっていました。その一方、「主演の子の声がハスキーで良いね!」「ハスキーボイスめっちゃカッコいい!」という意見も見受けられました。どちらにしても、「印象を残した」という意味では、「平野紫耀さん」の声はひとつの「“個性”」として成立しているようです。

平野紫耀さん」は「4月7日」に行われた「特別試写会舞台あいさつ」にて、「気張らず晴らしくカッコつけずヘタレな部分もちゃんと見せた方がいいよ」と「松本潤さん」から「アドバイス」をもらったことをうれしそうに明かしていました。先輩が出演した偉大すぎる「大ヒット作」の続編という位置付けのため、しばらくは「松本潤さん」と比較されることも多く、「プレッシャー」が大きいかもしれません。ですが、先輩のことは意識しすぎず、「平野紫耀さん」らしいのびのびとした姿でこれから「ドラマファン」を虜にしてほしいですね。

どうしても「前回シリーズ」を知っている「ファン」からすれば見比べてしまうのは仕方のないことですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。