本木雅弘&反町隆史&薬丸裕英★ジャニーズ事務所退所後に成功した芸能人

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「本木雅弘&反町隆史&薬丸裕英★ジャニーズ事務所退所後に成功した芸能人」の事をお伝えしたいと思います。

「NHK大河ドラマ」「麒麟がくる」の「第17話」が「5月10日」に放送され、平均世帯視聴率は「14.9%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区」を記録しました。前半最大の「クライマックス」を迎えたこの日、「俳優・本木雅弘」の「“怪演”」が「ネット」上で話題を集めていました。

「本木雅弘」はもともと「ジャニーズ事務所」の出身で、「1982年」には「“シブがき隊”」として「デビュー」しています。一気に「スターダム」を駆け上がり、「国民的アイドル」へと成長しましたが、「1988年」に「グループ」が「“解隊”」し、「本木雅弘」は「ジャニーズ事務所」を退所しました。現在の事務所に移籍してからは俳優業が中心となり、国内外で映画賞を多数受賞するほどの活躍を見せてます。「ジャニーズ退所」後、俳優として地位を築き上げた「本木雅弘」には、「ジャニーズやめてから実力でのし上がってきた感じ。さすがに演技がうまい」「ジャニーズを辞めても成功した、数少ない強者」「実力がある人はどこへ行っても成功するんだね」といった声が寄せられています。




俳優でいえば、「反町隆史」もかつて「ジャニーズ事務所」に所属し、「光GENJI」の「バックダンサー」を務めていました。

「ジャニーズ時代」の「反町隆史」は、本名の「“野口隆史”」で活動していました。退所後に事務所を移籍し、現在名で俳優として「デビュー」を果たしました。以降は「1997年」放送の「ドラマ」「バージンロード」「フジテレビ系」をはじめとする「トレンディドラマ」に数多く出演し、「90年代」を代表する役者の一人となりました。「40代半ば」となった現在は、「大人気ドラマ」「相棒」「テレビ朝日系」に出演中で、「俳優・水谷豊」の相棒役として存在感を放っています。「ネット」上では、「渋い年の取り方している!さすが、元ジャニーズなだけある」「今ジャニーズにいたとしても、飛び抜けてかっこいいだろうなあ」と言われています。

先月「23日」に「新型コロナウイルス感染症」による肺炎で亡くなった「女優・岡江久美子」と、「17年」にわたって朝の情報番組「はなまるマーケット」「TBS系」の司会を務めた「タレント・薬丸裕英」も、「シブがき隊」の「元メンバー」でした。「ジャニーズ退所」後には「マルチタレント」として活躍する一方で、「プライベート」では元歌手の「石川秀美」と結婚します。「3男2女」の父親としても知られ、一家は現在、ハワイに在住しています。




現在、「レギュラー番組」を持つ「薬丸裕英」は「毎月2回、ハワイ」の別宅へ帰っているといいます。自身の「ブログ」でも、「ハワイ」の「穴場レストラン」を紹介したり、現地の友人と食事をしたりと、悠々自適な日々を報告しています。「ネット」上でも「ハワイ移住はジャニーズを辞めたから叶った夢かもね」「仕事もプライベートも充実してる元ジャニタレって珍しいな」「シブがき隊って、ジャニーズ退所後もそれぞれが活躍しててすごい」と驚かれているようです。

「3月31日」に事務所を退所した「中居正広」は、現在も冠番組を継続させています。本人の実力さえあれば、「ジャニーズ事務所」以外の場所でも活躍できるのでしょう。

「本木雅弘&反町隆史&薬丸裕英」の退所後の活躍は誰もが認める大御所になりつつありますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました