小瀧望★もし子どもができても、あれだけは見せたくない★恥ずかしい勘違いとは

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「小瀧望★もし子どもができても、あれだけは見せたくない★恥ずかしい勘違いとは」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「5月16日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」です。この日は先週に引き続き、「WESTメンバー」がこれまでの放送から選んだ「番組に貢献できた自画自賛シーン」や「メンバーへのダメ出しシーン」などをまとめた特別編が「オンエア」されました。




まず、「桐山照史」が「いろんな対決ができて全般的に面白かった」と振り返ったのが、「2019年11月23、30日、12月7日」の深夜に放送された「タレント・武井壮」の出演回でした。「武井壮」と「WESTメンバー」が、「ゴルフ」の「パター」や足つぼ対決など、さまざまな競技で「バトル」を繰り広げた中、「神山智洋」が「武井さんもジャニーズWESTも結果が散々だったから」と、お蔵入りを希望する「シーン」も見られました。

それは、「野球ボール」を「11球」投げて、何枚の「パネル」に当てられるかを競う「ガチストラック9対決」でのことでした。野球経験者の「武井壮」が圧倒的有利だったのにもかかわらず、先攻の「武井壮」の結果は「4枚」といまひとつでした。さらに、野球経験者がほとんどいない「WESTメンバー」に至っては、「1巡目」では誰も「パネル」に当てることができず、結果は野球経験者である「小瀧望」が「1枚」だけという、かなりの泥仕合となってしまったのです。この対決で、脱臼癖があるという「桐山照史」が自信満々に挑戦してみたものの、「パネル」に当たるどころか「ボール」はまったく見当違いの方向へ。ですが「桐山照史」本人は「脱臼癖のある俺が最後「ストラック9」に「チャレンジ」した時、いい仕事したな」と振り返っていました。

続いて「2019年12月14、21日」深夜に放送された「お笑い芸人・三四郎」の出演回では、「小瀧望」が「あの映像は少し視聴率に貢献できたんじゃないかなと思います「笑」本当に可愛くて僕がただただ癒された時間でしたが、三四郎のお二人も画面に釘付けになられていてホッとしました「笑」」と自負する「シーン」がありました。それは、「小宮浩信」の「猫を飼いたいが一人で買いに行けないので相性の良い猫を探してほしい」という願いを叶えるべく、「小瀧望」が「ペットショップ」で「ロケ」を敢行し、「かわいい!」「甘えられたい」と、仕事を忘れてすっかり子猫に夢中になった場面でした。この回には、放送当時も「小瀧くんと子猫 かわいすぎて萌える」「可愛いって言ってるのんちゃんが可愛い」といった反響が多く寄せられていました。




そんな「小瀧望」ですが、「あの映像が一生残ると思うと怖いです」とお蔵入りを懇願する「シーン」も。それは「2019年11月9、16日」深夜に放送された「お笑い芸人・ずん」の「飯尾和樹」出演回でのことでした。「飯尾和樹」が「WESTメンバー」の足の裏を見て、誰が一番「“抱かれたい足の裏”」かを選考するという企画の中で、「小瀧望」の足の裏を「チェック」した「飯尾和樹」は「出不精」と診断します。すると「小瀧望」が「気をつけなかったら太りますね」と発言し、「出不精」を「デブ症」と勘違いしたのです。これが相当恥ずかしかったようで、「小瀧望」は「自分にもし子どもができても、あの映像だけは見せたくありません」と漏らしていました。

この日の放送について、「ネット」上では「小瀧さんの出不精をデブ症やと思ってたくだり、可愛すぎてもう愛おしい」「見どころ満載でした!特にのんちゃんの可愛さが際立ってた」といった感想が寄せられました。

人間だれにでも聞き間違いや勘違いは良くあることで恥ずかしい事ではないと思うのですが。子供も笑ってくれるように思いますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました