手越祐也★再び六本木で女性と豪遊★もはや病気&いい加減にして★ファンの怒り爆発

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★再び六本木で女性と豪遊★もはや病気&いい加減にして★ファンの怒り爆発」の事をお伝えしたいと思います。

「5月23日、ニュースサイト」「文春オンライン」の報道で、「NEWS・手越祐也」が同日未明に六本木の「ラウンジ」で女性らと朝まで飲み歩いていたことが明らかになりました。「手越祐也」は、「13日」にも「週刊文春」「文藝春秋」で「ステイホーム週間」と銘打たれた「ゴールデンウィーク」中に女性たちを集めて「パーティ」を開催していたと報じられたばかりでした。そのため、「ネット」上では「ここまできたらもはや病気」「いい加減にして」と怒りとも呆れとも取れる声が続出しています。

「13日」の報道を受け、「ジャニーズ事務所」は「15日」に「公式サイト」を更新し、「手越祐也」に事実確認を行った結果、「掲載内容の相違はあれど、女性を伴う外出の事実を認めた」として、「CDデビュー組15グループ」が集結する「期間限定ユニット」「Twenty★Twenty」への「手越祐也」の参加見送りを発表しています。それから間もない中での火遊びとあって、これまで「手越だから仕方がない」とかばってきた「ファン」からも「もうクビにしたほうがいい」「反省もなく遊び続けてるんだからかばいようがない」と怒りの声が上がっています。




「“Twenty★Twenty不参加”」という処分を受け、さぞ落ち込んでいるかと思いきや、「手越祐也」には全く反省の色は見えないといいます。記事によると、「手越祐也」は自ら「週刊文春でーす!」「FRIDAYでーす!」と週刊誌に報道されたことを「ネタ」にして、同行した友人らとふざけあっていたというのです。

これまでも幾度となく週刊誌に「スキャンダル」を「スッパ」抜かれ、自ら「ネタ」にしてきた「手越祐也」だけに、週刊誌に撮られることは痛くもかゆくもないのかもしれません。ですが、今回は「“女性と遊んでいた”」ということよりも、「“外出自粛宣言の中で外に遊びに出ている”」ということのほうが問題視されています。

「手越祐也」といえば、外出自粛が呼びかけられていた「3月下旬」にも、「安倍晋三首相夫人」の「昭恵氏」との「“お花見会”」に出席したことが「週刊ポスト」「小学館」で報じられるなど、「コロナ禍」での軽率な行動が目立ちますが。

「手越祐也」は「20日、増田貴久」とともに「パーソナリティ」を務めている「ラジオ番組」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ」を「“体調不良”」で欠席しています。にもかかわらず、そのわずか「3日後」に女性たちと豪遊してることが今回報道され、「あまりにも無責任な行動。メンバーやファンの気持ちを考えないの?」「今回は重い処分をくだすべき」と、「ファン」からも厳しい処分を求める声が続出しています。




ですが、「手越祐也」は「24日」放送の「レギュラー番組」「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」に、何事もなかったかのように「リモート出演」していました。これまでも度重なる「“ルール違反”」を犯してきたにもかかわらず、「手越祐也」だけは活動自粛などの表立った処分を受けていません。

こうした「手越祐也」の特別扱いにも「何でこの人だけ処分されないの?」「脱退や退所させられてもおかしくないレベルなのに、なんでいつもスルーなのか不思議」と不信感を募らせている「ジャニーズファン」は多くいます。ですが、昨年副社長に就任した「滝沢秀明副社長」は「スキャンダル」に対し厳しい処分を課してきただけに、「今までスルーされてきたけど厳しい厳罰を与える方向にシフトされるのでは?」との見方もあり、今後の「手越祐也」の行動次第では、「NEWS」の「グループ活動」にも影響が出ることがあるかもしれません。

いずれにしても、「手越祐也」には今一度、自分勝手な行動が周りに与える影響の大きさを、しっかりと考え直してほしいものですね。

大切な「ファン」の気持ちなどどこ吹く風の「手越祐也」の軽率過ぎる行動には怒りを覚えてしまいますよね。「脱退&退所」と言う「シナリオ」になってもおかしくはないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました