二宮和也★単に踊ってるだけじゃない★中島健郎さんからの評価にうふふふと照れ笑い

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★単に踊ってるだけじゃない★中島健郎さんからの評価にうふふふと照れ笑い」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」が「5月24日」に放送されました。

この番組は、友達が少ない「二宮和也」に「“人生が豊かになる友達を作ろう”」という「テーマ」のもと、仲介人が個性豊かな友達候補を推薦するという内容です。ですが、先週に引き続き、今回も仲介人はおらず、広い「スタジオ」に「二宮和也」が一人という「スタイル」で収録され、「個性的な生き方を貫く人と中継をつなぐ」という展開となりました。




冒頭で、「スタジオ」に一人「ポツン」といる「二宮和也」は、「こうなるとお友達が欲しくなる」とあまのじゃくな一面を見せつつ、早速、最初の友達候補である「山岳カメラマン・中島健郎さん」と中継をつなぎます。すると「中島健郎さん」から「お久しぶりです!」と挨拶があり、「二宮和也」は「お久しぶり?」と驚きの声を漏らします。

「中島健郎さん」は、「竹内洋岳氏」や「平出和也氏」など「トップクライマー」の「同行カメラマン」で、人気番組「世界の果てまでイッテQ!」「同、2015年7月26日放送」の「北米大陸最高峰 マッキンリー登頂プロジェクト」企画でも、「山岳ガイド兼カメラマン」としても参加している人物でした。「中島健郎さん」と「二宮和也」との接点は、「2020年1月1日」に放送された「ウルトラマンDASH」。「TOKIO・城島茂、松岡昌宏、嵐・大野智」と「二宮和也」の「4人チーム」が「リレー方式」で「バトン」をつなぎ、競歩の「小林快選手」と対決するという企画にて、全力で走る「二宮和也」を撮影していたのが「中島健郎さん」だったのです。そのことを明かされると、「二宮和也」は「あ、そうなの?」と驚きの表情になります。

この時の「二宮和也」の印象を、「中島健郎さん」は「さすがにタレントには負けないだろうと思ったんですけど、結構体力ありました。ちゃんと走ってる人なんだなっていうのは思いましたね。単に踊ってるだけじゃなくて」と評価します。すると「二宮和也」も「うふふふ」と笑いつつ、「あ、そうだったんだ。ほんとすごいなと思っていたんだよな。カメラマンさんの人が、雨降っていて、人の全速力についてくるって相当だなって思ってたから」と当時を振り返り、感心していたのでした。




その後、日本各地の花火大会を撮影している「花火マニア」の「安斎幸裕さん」と、「バイク」で世界最速を競う大会「ボンネビル・モーターサイクル・スピード・トライアルズ」の「50cc+過給器クラス」で「最高時速128.63キロ」を出し、世界最速記録を達成した「近兼拓史さん」も登場しました。「二宮和也」も含めた「4人」が「リモート中継」でつながると、「二宮和也」を除いた「3人」で話が盛り上がり、「二宮和也」は「始まっちゃったよ」と苦笑いします。そして、「今、皆さんは新しい時代を切り開いてますよ。確実に」と、「3人」に向け「メッセージ」を送り、番組を締めていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「ニノと一般の方の絡み、やっぱり面白いなぁ」「ニノへの「ちゃんと走っている人」という評価がうれしかった」「山岳カメラマン人が走るニノを撮ってくれたんだ」などの「コメント」が寄せられていました。

「ジャニーズタレント」の基礎体力の高さを見せつけることができ「二宮和也」も鼻高々だったようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました