手越祐也★退所や実業家転身説など書かれたい放題★ジャニーズ報道規制せずの訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★退所や実業家転身説など書かれたい放題★ジャニーズ報道規制せずの訳」の事をお伝えしたいと思います。

「5月26日」、「芸能活動自粛」の発表があった「NEWS・手越祐也」について、「マスコミ各社」から「“退所報道”」が続出しています。これに関して、「ジャニーズ事務所」から正式な「コメント」は出ていませんが、関係者によると「ついに事務所上層部もサジを投げたようだ」といいます。

「ジャニーズ」は「コロナ禍」に際し、「社会貢献・支援活動」を行う「Smile Up!Project」を通じて、「新型コロナ感染症拡大防止」を呼びかける動画を配信したり、期間限定の「チャリティーユニット」「Twenty☆Twenty」を結成しました。そんな中、「5月13日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」により、「手越祐也」が緊急事態宣言下の「ゴールデンウイーク」中、女性たちと「パーティー」していたことが発覚します。これを受け、「ジャニーズ」はまず「Twenty☆Twenty」から「手越祐也」を外す処分を下したのです。




さらにその後、「“処分直後”」の「手越祐也」が、またも女性と飲み歩いていたことを、「ニュースサイト」「文春オンライン」が「スクープ」します。こうした経緯から、「ジャニーズ」は「26日」に「公式サイト」上で、「手越祐也」に関して「すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断」したと発表します。今後については「本人に反省を促し、所属事務所として真摯に向き合ってまいります」と「コメント」していました。

この発表後、「テレビ」や新聞など、「ジャニーズ」と親しい「メディア」が、「このまま手越が退所するのが当然の流れ」と言わんばかりの報道を行うようになりました。特に「27日」の「スポーツニッポン」は、「手越祐也」が退所の意向を「“固めた”」と伝えているほか、「ジャニーズ副社長・滝沢秀明」との衝突、さらには実業家に転身するため、個人事務所の設立準備も進めているとも報じています。まさに「手越祐也」は「“書かれたい放題”」の状況ですが、それでも、「ジャニーズ」側は特に「否定コメント」を出していません。

以前の「手越祐也」は、「スキャンダル」が発生しても、「テレビ」などで大々的に取り上げられることは、ほとんどなかった印象ですが。




「ジャニーズ」は、「所属タレント」が週刊誌で「スキャンダル」を報じられた際、新聞社や「テレビ局」に対し、後追い報道を規制することがあります。ですが、今回の「手越祐也」の一件に限っては、特に何の規制もなく、「スルー状態」なのだそうです。もはや「幹部スタッフ」も「サジ」を投げているようで、本人が「辞めたい」と言えば、引き留めることもなさそうです。「手越祐也」も、実はもう「5年」ほど前から実業家転身の野望を抱いていて、「タイミング」を図っていたという話もあるだけに、この展開を機に動き出す可能性はあります。「スキャンダル」は多くとも、「テレビ局関係者」や芸能人、特に大物から可愛がられる「“愛されキャラ”」だけに、さまざまな縛りがある「アイドル」より、「フリー」での活動が向いているのかもしれません。

ですが、「手越祐也」がもしその選択をした場合、果たして「ファン」と「メンバー」は納得できるのでしょうか。

退所や実業家転身の噂が現実にならないことを祈りたいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました