岩本照★復帰は近い★映画版★滝沢歌舞伎のジャニーズ対応に兆しアリと関係者

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「岩本照★復帰は近い★映画版★滝沢歌舞伎のジャニーズ対応に兆しアリと関係者」の事をお伝えしたいと思います。

「5月28日、ジャニーズ事務所」の「アイドルグループ・Snow Man」が主演を務める映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」が年内の公開予定で制作されることが明らかとなりました。「2006年」に「滝沢演舞城」として「スタート」して以来、毎年上演されてきた「滝沢歌舞伎」は、「企画・構成・総合演出」を「故ジャニー喜多川前社長、主演・演出」を「現ジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明」が務めてきました。昨年の「滝沢歌舞伎 ZERO」からは「Snow Man」が主演を引き継ぎ、今回初めて映画化されます。

「Snow Man」といえば、現在は「リーダー・岩本照」が活動自粛中であり、彼が同映画に参加するのか否かに「ファン」の注目が集まっていますが、関係者によると「今回のジャニーズ事務所の対応からして、岩本の復帰は濃厚」なのだといいます。




「岩本照」を含む「9人」の「メンバー」で構成されている「Snow Man」は、今年「1月、6人組」の「ユニット・SixTONES」と「同時CDデビュー」を果たしました。ですが、「3月27日」発売の「フライデー」「講談社」によって、「岩本照」が「3年前」の「ジャニーズJr.時代」に「“ラブホテルで未成年女性同席の飲酒合コン”」を行っていたことが発覚します。事務所側は「同30日、岩本照」が「酒席に参加したことは事実」と認めたと報告し、一定期間の芸能活動自粛を発表しました。

そんな中、「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」で「Snow Man」が主演を務めることがわかり、「ネット」上の「ファン」は「これを機に、岩本照も復帰するのでは?」と、期待を寄せています。

「岩本照」の活動自粛は、副社長の「滝沢秀明」の差配によるものでした。「スキャンダル発覚」当時は周囲から「厳しすぎる」という声もあったものの、「岩本照」自身が、「周囲に示しがつかない」と、厳しい処分を申し出たといいます。一方、今回の「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」では、「滝沢秀明」が初めて映画監督に挑むことも発表となりましたが、同作の情報解禁に際し、「ジャニーズ」は「各メディア」に「“Snow Manの写真を載せる時”」は、「岩本を除いた8人で」との指示を出しつつ、「“過去の舞台映像を紹介する際、岩本が映り込む場合”」は「編集しなくてOK」と、明言されたそうです。




この対応を受け、「マスコミ関係者」の間でも「“岩本復帰説”」が飛び交うようになったのだといいます。

これまでの「ジャニーズ」は、謹慎中の「タレント」や「脱退、退社」した「タレント」の映像は、基本的に「NG」とされていただけに、「岩本照」に関してはかなり「“緩和”」されていると言えます。また、「スキャンダル発覚前」の「3月25日」に放送された初冠番組「それSnow Manにやらせて下さい」「TBS系」は、現在「動画配信サービス・Paravi」で完全版が「レギュラー配信」されており、「29日」には「岩本照」の「メイン回」も「カット」されることなく配信されています。こうした点からも、彼の復帰が近いとみられています。

映画は夏に撮影開始と発表されていますが、「岩本照」はそれまでに復帰となるのでしょうか。

事務所の考え方に復帰を後押ししようとしているの雰囲気があるのであれば「岩本照」の姿を目にする日も近いでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました