小山慶一郎★コンサート中のファンからの無視に傷心★俺だから?と訴え

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★コンサート中のファンからの無視に傷心★俺だから?と訴え」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」が「6月2日」深夜に放送され、「メンバー」の「手越祐也」が活動自粛になったことについてあらためて謝罪しました。

外出自粛要請の期間に、女性を集めた飲み会を開催したことや飲食店へ外出したとして、謹慎処分を受けることになった「手越祐也」です。これを受け、「5月27日」放送の「増田貴久」と「手越祐也」が「パーソナリティ」を務めていた「ラジオ」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ」に、「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が緊急出演し、「3人」で謝罪していました。




この日の「オープニング」では、「今は5月27日。「KちゃんNEWS」の収録の前に「テゴマスのらじお」にお邪魔してきました」と切り出すと、「本当にありがたいことに、まっすーが「小山とシゲ、出てくれない?」というふうに声をかけてくれて。僕も微力ではありますが、何かできないかなと思って、喜んで出演させてもらいました」と、「テゴマスのらじお」に出演することになった経緯を説明しました。そして「ファンの皆さんには、心配をかけてしまってごめんなさい」と謝罪すると、「今は僕たちができることを考えて前に進んでいきたいと思います」と語りました。

その後は、「小山慶一郎」が「コンサート」中に「“落ち込む”」瞬間について「トーク」しました。以前に「小山慶一郎」は、演出で「ファン」に「タオル」を回してほしいとき、「「タオルを回して」って言っても「ファンの人は」回さないじゃん」「俺だから回さないのかな?」と話したことがあったようで、「リスナー」から回答が寄せられました。

その「メッセージ」によると、「そんなことはありません。タオルを回す曲はトロッコを使ったり花道にいることが多いので、メンバーの周辺の位置にいるファンはメンバーを見るのに必死で、タオルを回す余裕がないだけだと思います」とのことで、決して無視してるのではなく、「タオル」を出す時間さえも惜しいそうです。「小山慶一郎」も「そっか。近くにいると見たいんだね」と納得し、「そっか。俺、落ち込まなくていいんだ」と安心した様子になりました。




これまで「小山慶一郎」は、「タオル」を回さない理由について「1曲、タオルを回すことは大変だよ。僕らでも腕パンパンになる。ただでさえ、みなさんは作ってくれたうちわがあって、ペンライトもあって、さらにタオルも回してって それは無理だろ」と、自分に言い聞かせていたというのですが、心のどこかで「小山慶一郎が言ってること?はっ?そんなこと言われたってやりません」と、「ファン」が思っているのではないかと心配していたようです。

そのため、自分のせいではないと判明して心から「ホッ」としている様子でした。

この放送に「ネット」上では「タオルのメールを送ってくれた方に共感。近くにいたら、回してる場合じゃないからね!」などの声とともに「タオルは振り回すから!落ち込まないで」「次からタオル用意する。ペンラで誤魔化してごめん」などの声が集まっていました。

「ファン」の無視した行動は「小山慶一郎」の単なる被害妄想だったようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました