手越祐也★来年3月退所を騒動前に決めていた★ファン置いてけぼりの状態

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★来年3月退所を騒動前に決めていた★ファン置いてけぼりの状態」の事をお伝えしたいと思います。

芸能活動自粛中の「NEWS・手越祐也」の「“進退”」に、業界内外の注目が集まっている中、「6月4日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」と「女性セブン」「小学館」が、どちらも「“手越はスキャンダル以前から退所を決めていた”」と伝えています。

「手越祐也」はこれまでに、「“コロナ禍”」の中で外出したり、「パーティー」に興じる姿を「スクープ」され、「5月26日」に「ジャニーズ事務所」から「すべての芸能活動の自粛もやむを得ない」と発表されました。すると、「同27日」には「スポーツニッポン」が、「手越祐也」が退所の意向を固めたことや、「ジャニーズ副社長・滝沢秀明」との確執などを報道しました。ほかの「メディア」でも、「手越祐也」は退所する方向にあるとして扱われるようになり、「ジャニーズ」も特に否定しないため、同じような論調の記事が続出したのです。一方、「ネット」上の「ファン」は「辞めると決めつけないで」といった反発を見せるという状況が続いています。




そんな中、今回の「文春」では、記者の直撃取材を受けた「手越祐也」が、「滝沢秀明」との確執報道を「キッパリ」否定しました。同日発売の「セブン」も、記事中で両者の不仲を否定しています。

一方、「文春」「セブン」ともに、「手越祐也」は「ステイホーム破り」の「スキャンダル」以前から、事務所に退所の意向を示していたと伝えています。今年「6月」まで開催予定だった「全国ツアー」「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」までは、本人も出演を希望していたそうですが、「セブン」によれば、来年「3月」には退所する予定だったようです。

「コロナ」の影響で、「同ツアー」も全公演中止となっているだけに、「“手越退所説”」はより濃厚となりました。




退所の話が進んでいる件にしても、「滝沢秀明」との関係にしても、「ジャニーズ」と敵対する「文春」と、蜜月関係の「セブン」、どちらにもほぼ同じ内容が書かれているため、真実味のある話だと思われます。また、「手越祐也」が「文春」の直撃に応じている点も気になります。普通「ジャニーズ」の「タレント」は、事務所からこうした取材は受けないようにときつく言われているものですし、「スキャンダル」を連発した直後ならなおのことです。それを無視した行動とあれば、事務所との間に深い溝ができているのではないでしょうか。ともあれ、「“ジャニーズのアイドル”」で「“NEWSの一員”」である「手越祐也」を信じていた「ファン」は、完全に置いてけぼり状態です。すでに退所が決まっているのだとしても、発表はまだ先になりそうですから、しばらくは不安な日々が続くでしょう。

「手越祐也」の自粛期間がいつ明けるのかも定かではないのですが、その時が来たら、本人は「ファン」に何を語るのでしょうか。

「3月退所説」まで飛び出してしまった以上「ファン」も覚悟を決めないといけないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました