手越祐也★大バッシングはジャニーズの目論見通り★週刊誌報道で露呈した真相

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★大バッシングはジャニーズの目論見通り★週刊誌報道で露呈した真相」の事をお伝えしたいと思います。

これまで幾度となく「スキャンダル」を「“見逃されてきた”」「NEWS・手越祐也」ですが、今年は「ジャニーズ事務所」から厳しい処分を受けるこことなりました。「週刊文春」「文藝春秋」や「ニュースサイト」「文春オンライン」の報道で、「ステイホーム期間中」の「“夜遊び”」が判明したことで、「ジャニーズ」は「手越祐也」を「チャリティーユニット」「Twenty☆Twenty」から外し、無期限の活動謹慎処分を決定しました。




「手越祐也」に関する報道は、いままさにやりたい放題といった状況です。「ついに事務所もさじを投げた」「滝沢秀明副社長の逆鱗に触れてしまった」など、「手越祐也」が「ジャニーズ」から突き放されているとする記事が量産されていて、こうなった原因は、「ジャニーズ側」の姿勢にあります。かつては、「メディア」に圧力を駆使して、この手の記事を排除してきた「ジャニーズ」ですが、近年は「コンプライアンス意識」も高まり、徐々に緩和されてきています。とはいえ、記事に「待った」をかけなくなったどころか、むしろ「手越を庇う必要はない」と批判的な報道を後押しする「ケース」まであるようです。その結果、事務所の「“目論見通り”」、「手越祐也」は一挙手一投足まで批判を浴びるこことなりました。

そんな中、「6月4日」発売の「週刊文春」では、同誌の直撃取材に対し、「手越祐也」自身が「報道には言いたいこともあるし、事実と違うことがたくさんある」などと「コメント」します。同記事によれば、「手越祐也」は所属契約を更新した今年「3月前後」に、すでに退社の意向を「NEWSメンバー」や「ジャニーズサイド」に伝えていたといいます。また、同日発売の「女性セブン」「小学館」でも、「手越祐也」は来年「3月退所」の方向で話が進んでいると報じています。




この記事で、なぜ「ジャニーズ」が今回ばかりは「手越祐也」を庇わないのか、その「“真相”」がわかりました。もはや退社が決まった「手越祐也」は「去る者」であり、庇う必要はないと判断されたということです。退所の時期も、来年「3月」という話ではあるものの、この状況をあと「1年」近く続けることは、双方にとって何の得もないだけに、年内に早まっても少しも不思議はありません。

活動休止の「“火種”」が「手越祐也」にあることは明白ですが、事務所から嫌がらせに近い措置を取られている彼に、果たしてどれほど同情票が集まるものでしょうか。

来年「3月退所」を待たずして年内退所に向けた「タイミング」を双方で話し合っているのかも知れないですね。やはり「ファン」の気持ちは一切無視のようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました