永瀬廉★弱虫ペダル主演の決定打★ZIP!で新事実発覚

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「永瀬廉★弱虫ペダル主演の決定打★ZIP!で新事実発覚」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて放送中の、「King&Prince」がさまざまな競技に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」です。「6月2~5日」の放送回は、昨年「7月」放送の「競輪」に挑戦したときの映像を「永瀬廉」が振り返りながら「ケイリン特別解説編」が放送されました。

「永瀬廉」は「8月14日」に公開を控えた競輪が舞台の映画「弱虫ペダル」の主演を務めますが、このときはまだ競輪初体験でした。「佐々木龍選手」の指導で「キツイトレーニング」に励んだようですが、編集によって実際の「トレーニング回数」より短くなっていると訴えました。実は「MEDAL RUSH」はどの競技でも、毎回本格的な練習を数時間はこなしているようですが、放送時間が一回につき「2分」しかないため、「カット」される割合が非常に高く、映像を振り返る「メンバー」の口からお決まりのように「カットされてる」という不満が出ています。




そんな「カットシーン」の中で、「永瀬廉」が「いやいや違うやん!」と強く訴えたのは競輪の「スピード」に慣れるために、「時速70キロ」の「バイク」の後ろに乗る「トレーニング」での「シーン」でした。放送では「1周」のところ「永瀬廉」は「2周「した」」と主張するも、「スタッフ」は「1周じゃなかった?」と「コメント」します。これに「永瀬廉」は「あ~人間不信!」と愚痴をこぼしていましたが、未公開映像を「チェック」してみると実は「3周」していたことが発覚します。

そのため「永瀬廉」は「3周いっとるやん「怖いのに」なぜ3周させる!?」と「スタッフ」に訴えたのですが、「スタッフ」は「でもこれのおかげで、映画の主演ですよね?」と反論します。これに「永瀬廉」は「ハハハ「笑」」と笑うと「その可能性もなくもないからね。否定しきれないのよね」と、認めていたのでした。

そして最終日は、初日に圧倒的な差をつけられて敗北した「世界ランキング第1位」の「新田祐大選手」と「20秒」の「ハンデ」をもらって「リベンジマッチ」をします。すると、なんと大差をつけて「永瀬廉」が勝利します。というのも、「永瀬廉」が初日の「タイム」より「17秒」も縮めてきていたからです。そこで、「新田祐大選手」の申し出により今度は「10秒」の「ハンデ」をつけて再度勝負します。ですが、ここでも見事「永瀬廉」が勝利をおさめて、「新田祐大選手」は「ハンデいらなくない!?」と悔しがっていたのでした。




これを振りかえり「永瀬廉」は「勝利したことのうれしさより新田選手の悔しがってる顔を見るのがうれしかった」と「コメント」します。また、「新田祐大選手」から「廉くん、ペダってますか?」と番組あてに「LINE」が届いたようで、「日に日に実力が上がってきてナショナルチームの僕が恐怖を感じるほどでした。彼はここ最近では稀にみる逸材レベルを感じました」と感動的な「コメント」が。これには思わず「永瀬廉」も「なんかさっき「「悔しい顔がうれしかった」って」言っちゃってたんですけど、そこはカッティングのほうで」と、自ら「カット」を要求していたのでした。

この放送に「新田選手から彼はここ最近では稀にみる逸材と言われる廉くん、凄い」「弱虫ペダルの主演はこれのおかげかもしれなくて、否定しきれないれんくん、可愛い」との「コメント」が集まっていましたが、「スタッフ」の言うようにこの放送が「キッカケ」で主演に選ばれたというのも、あながち嘘ではないのかもしれないですね。

どちらにしても競輪競技に挑戦したお陰で「弱虫ペダル」の主演が決まったと言っても過言ではないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました