長瀬智也★退所報道で揺れるTOKIO★ファンクラブ会費の徴収に批判

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「長瀬智也★退所報道で揺れるTOKIO★ファンクラブ会費の徴収に批判」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年」に「山口達也」が脱退して以来、音楽活動を休止している「TOKIO」です。「ジャニーズ事務所」の「チャリティーユニット」「Twenty★Twenty」や「ライブ配信プロジェクト」にも不参加でありながら、「ファンクラブ会費」の徴収を続けていることに批判の声が上がっていると報じられています。

この一件については、「ウェブメディア」「週刊女性PRIME」「主婦と生活社」が「長瀬智也「“退所”」で「2020」不参加か、時が止まったTOKIOの「年会費「“徴収”」」に猜疑』という「タイトル」で報道しました。

「ファンクラブ」に入会している「ファン」は、大半が「コンサートチケット」の優先販売目当てだそうですが、前述したように「TOKIO」は「2年」以上にわたって音楽活動を休止中です。




また、「オリジナル」の会報や番組観覧の案内、周年記念の「グッズ」なども特典として魅力的ですが、「TOKIO」は昨年「25周年」を迎えながらも「グッズ進呈」は「ナシ」です。昨秋に届けられた会報も「DASH島」の大自然とおむすびの話が中心で、「ライブ」や番組観覧の情報はまったくなかったといいます。

「長瀬智也」の「ジャニーズ退所」が「ウワサ」され、「グループ」として満足な活動ができなくなっているという見方もあり、そういった状況について「何のために年会費を払っているのか」「詐欺だとさえ思う」と「ファン」が憤っている というのが記事の内容でした。

ところが、この記事に対する「ファン」の反応は意外なものでした。「ネット」上では「好きで払ってるんだよ。見返りなんて求めてない年貢だよ」「年会費はお布施です」「推しが頑張れるなら喜んで払う」といった声が飛び交っているのです。

さらに、「ジャニーズファン」以外からもなぜか「共感」の声が続出しました。「バンドファン」を中心に「〇〇「バンド名」なんて会費払い続けてるけど本気で何もない」「ジャニーズもそうなんだと勝手に親近感」「ちょっと怒ったりもするけど、たまに会報がきたりバースデーカードが届いたりすると許しちゃう」といった意見が相次いだのです。




特に、「ヴィジュアル系バンド」は休眠期間が長期になる「ケース」が多々あり、「ファンクラブ」の会費だけ取り続けて満足に会報すら届かないということも珍しくありませんが、お布施と割り切って払い続けている熱狂的な「ファン」は多いようです。「TOKIO」についても、長年応援している「ファン」は年会費のことで文句を言うより、「ライブ」ができなくなってしまった「メンバー」の気持ちを思いやっている場合が多いようです。

同じ「ジャニーズ」でも、「大御所グループ」「少年隊」の「ファン」からは「たった2年やそこらで 私達なんて10年以上待ち続けてるんだから!」という深みのある意見も上がっています。

「ファン」たちの愛情の深さは底知れないものがありますが、あまりそれに甘え切ってしまうのも問題です。事務所側の「ファンクラブ会員」への何かしらの「フォロー」も求められるところですね。

「ファン」の「TOKIO」に対する熱量は依然と全く変わってないように思えますよね。それよりも「長瀬智也」の脱退報道の方がかなり心配な要素になっていますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました