増田貴久★あんなやつとはやってられない★手越祐也にブチ切れ報道に同情の声

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「増田貴久★あんなやつとはやってられない★手越祐也にブチ切れ報道に同情の声」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS」の「増田貴久」が、現在、芸能活動休止中の「手越祐也」について「もうあんなやつとはやってられない」と愚痴をこぼしていたと、「6月16日」発売の「週刊女性」「主婦と生活社」が報じました。「ネット」上では「そりゃそうだ!」「まっすーだけかわいそうだった」と同情の声が集まっています。

「手越祐也」は、「5月21日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」で外出自粛が呼びかけられていた「4月下旬」に女性らと「パーティー」を開催していたことが発覚します。さらに「23日」には「ニュースサイト」「文春オンライン」で、同日未明に「手越祐也」が宴席に繰り出していたことが再び報じられ、ついに「26日、ジャニーズ事務所」から「無期限の芸能活動自粛」という処分を受けました。そんな「手越祐也」と「ユニット」「テゴマス」としても活動していた「増田貴久」は、翌日放送の「ラジオ番組」「テゴマスのらじお」「MBS」に、「NEWSメンバー」の「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」を緊急招集します。「手越祐也」に代わり、「3人」で謝罪しました。




「増田貴久」は、「2018年6月」に「小山慶一郎」が未成年女性と飲酒していたことが一部で報じられ、謹慎処分を受けたときも、「小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KちゃんNEWS」「文化放送」で「ピンチヒッター」を務め、「皆さんにご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪しています。なお、謹慎処分までは至らなかったものの、「小山慶一郎」の誘いで「加藤シゲアキ」も同席していたことが明らかとなり、厳重注意処分を受けました。また、「手越祐也」も過去に「女性スキャンダル」を幾度となく報じられており、「2017年」には、金塊強盗事件の容疑者との「ツーショット写真」が流出するなど、たびたび騒動を起こしてきたため、「グループ」で表に立てる人物が「増田貴久」しかいかなったのです。「ネット」上では当時から「まっすーがかわいそう」「増田くんだけ真面目に頑張ってるのになぜ謝罪しないといけないの?」との声が多く上がっていましたが、今回の「手越祐也」の騒動で、こうした声はますます強くなっています。

「2003年」の「デビュー当時」は「9人組」だった「NEWS」ですが、過去にも未成年飲酒が問題となり「メンバー」が脱退しています。そのうえ、「2011年」には「グループ」の「センター」を務めていた「山下智久」と「関ジャニ∞」と「グループ」を兼任していた「錦戸亮」が、それぞれ「ソロ活動」と「関ジャニ∞」に専念するために脱退しました。その後、「4人」で再出発することになりましたが、前述した通り、「メンバー」の不祥事が相次いでいます。

そんな中で、「デビュー」後から今まで唯一問題を起こしていないのが「増田貴久」なのです。だからこそ、こうした問題が起こるとまず「増田貴久」が謝罪するという流れには、「何でいつもまっすーだけに謝罪させるの?」「もう解散してしまえ!」と怒りを覚えている「ファン」も多いようです。「週刊女性」の報道によると、「コロナ禍」で国民が協力し合わなければいけない状況での「手越祐也」の身勝手な行動に、今回ばかりはさすがの「増田貴久」も「もうあんなやつとはやってられない」と怒りを露わにしているようです。




一方、「手越祐也」にはすでに事務所を「“退所する意向”」だと複数の「メディア」で報じられています。「週刊女性」の報道によれば、「24時間テレビ」「日本テレビ系」で「メインパーソナリティー」を務めた「2016年」には、「グループ」内で「1人でも抜けることになったらNEWSは解散」という「ルール」を定めたというのですが。

もし本当に「手越祐也」が脱退するのであれば、解散になる可能性は十分あり得ます。「増田貴久」は「手越祐也」の活動休止を受け、「ファン向け」の「有料サイト」「Johnny’s net」の「ブログ」で「NEWSを守ります」と決意を綴っていましたが、その裏で「“なぜ自分が不祥事を起こしたメンバーの変わりに毎回謝罪しなければいけないのか?”」と不満を持っていてもおかしくないでしょう。世間では「増田貴久」に同情する一方で、もし解散したとしても、「ソロは難しい」という声も上がっているようです。

「手越祐也」には、「増田貴久」のためにも反省し、心を入れ替えてほしいものですね。

仏の顔も三度までと良く言いますが「増田貴久」に限っては「手越祐也」が脱退しない限り謝罪が終わることはないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました