手越祐也★ジャニーズ退所発表に見る事務所との亀裂★本人コメントなしの裏事情

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★ジャニーズ退所発表に見る事務所との亀裂★本人コメントなしの裏事情」の事をお伝えしたいと思います。

「6月19日、ジャニーズ事務所」が「NEWS・手越祐也」との専属契約を終了したと発表しました。「新型コロナウイルス」が蔓延する中、複数回にわたって「“ステイホーム破り”」を報じられ、現在「無期限の芸能活動休止」の「ペナルティ」を科せられていた「手越祐也」ですが、「グループ」に復帰することなく、事務所を去ることになりました。発表によると、「手越祐也」と事務所側の双方による「合意解除」とされていますが、両者の亀裂は想像を絶するものとなっているようです。

「ジャニーズ」は「公式サイト」上で、「この度、当社は、手越祐也との間で専属契約の終了について話し合い、本日をもって専属契約を合意解除することになりましたので、お知らせします」と報告しました。「手越祐也」も同意したうえでの契約解除だと「アピール」していますが、「手越祐也」による「コメント」は一切ありません。さらに、「ファン」や関係者へのお詫びを綴りながら、「これからNEWSは、小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久の3人が力を合わせて、グループ及び個人での活動に精進してまいります」と、「グループ」の今後の活動について明かしている一方、「手越祐也」の今後についは一切言及されておらず、「事務所として、手越を突き放している様子が見て取れる」といいます。




事務所の発表を見るに、「手越祐也」は、「ジャニーズサイド」から「見切りをつけられた」ということでしょう。実は「手越祐也」は、今年に入ってから「2021年3月退所」という形で、「ジャニーズサイド」と合意に至っていました。その間に、「2017年」から「スタート」した「4部作」の「ツアー完走、ファン」への感謝やお詫びなど、さまざまな「“ケジメ”」も準備していました。ところが、今年「3月」に幕が開けるはずだった「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」は、「新型コロナ」の影響により中止となります。そして「手越祐也」自身は、非常事態宣言中にもかかわらず二度にわたる「“夜遊び”」が報じられたことで、活動自粛の処分を科せられてしまいました。

「新型コロナ」の流行は「予期せぬ出来事」でしたが、一方で「ペナルティ」に関しては、「ジャニーズ」が「手越祐也」に対し「追い出しモードに入った」ためと指摘されています。

「ジャニーズ」は「各メディア」に、「手越祐也」の今後や処遇について「好きに報じていい」という態度で、批判的な報道からかばおうとしていませんでした。そんな飼い殺し状態の中で「手越祐也」が耐え続けるとは考えにくく、退所も時間の問題と言われていました。一部で報じられているように、「手越祐也」は連日「ボランティア活動」に励んでおり、次の活動を視野に入れた上での「イメージアップ」を図っていたのかもしれません。




なお、事務所退所に際し、「手越祐也」は「藤島ジュリー景子社長」ら「ジャニーズ関係者」と顔を合わせることもなく、双方代理人弁護士を通じた話し合いで決まったのだといいます。

事務所の発表に「手越祐也」の「コメント」が一切なかったのも、そのためでしょう。「ジャニーズサイド」はあくまで「クビではない」という見解のようですが、やはり実質的には「“クビ”」に等しく、「“円満”」どころか完全な「“不和”」退所です。今後、「ジャニーズ所属タレント」との共演は一切見込めないでしょうし、現在唯一の「レギュラー番組」「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」も、このまま降板することになるのではないでしょうか。

退所者が続出する昨今でも稀に見る「ケンカ別れ」に至ってしまったという「手越祐也」です。「NEWS」への復帰を信じていた「ファン」も多い中、彼は今後、どんな身の振り方をしていくのでしょうか。

過去の「手越祐也」への甘やかしの代償が退所という形になってしまうとは皮肉なものですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました