HYDE★手越祐也へのエールを謝罪★ファンの気持ち考えて&被害妄想強すぎ

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「HYDE★手越祐也へのエールを謝罪★ファンの気持ち考えて&被害妄想強すぎ」の事をお伝えしたいと思います。

「6月19日」に「ジャニーズ事務所」との専属契約が終了し、退所とともに「NEWS」を脱退した「手越祐也」です。「ジャニーズ」から発表があった直後に「Twitterアカウント」を開設したことで、「NEWSファン」を動揺させましたが、さらに「ネット」上では「ロックバンド・L’Arc ~en ~Ciel」「ラルク・アン・シエル」の「ボーカル・HYDE」の「ファン」と「NEWSファン」の間で揉め事が発生しています。

「19日」の「午後7時30分」過ぎ、「Twitter」上に「手越祐也」を名乗る「アカウント」が出現します。「手越祐也です!この度、長年いたジャニーズを退所して独立することになりました。詳しくは週明けにでも、今後の活動についてご報告できればと思うので、引き続きよろしくお願い致します。※報道陣様向けのご報告も下記に添付させて頂きます」という「コメント」とともに、手書きの「サイン」を記した文書を画像で掲載しました。あまりの行動の早さと、「Twitter」の「認証済みアカウント」ではないことから、「手越祐也」本人によるものなのか、偽者によるものなのかを疑う声もありましたが、この投稿を、「手越祐也」とかねてより親交のある「YouTuber・ヒカル」が「これ手越くんの本物アカウントです!本人からリツイートお願いされました」と「引用リツイート」しながら紹介したことで、本人によるものであることが確実となりました。




「手越祐也」の「アカウント」は、開設からわずか「1時間」で「12万フォロワー」を達成し、「22日午後6時」現在ですでに「87.8万フォロワー」を集めています。「19日」には、「プライベート」で「手越祐也」と親交のある「HYDE」が、「手越祐也」の投稿を引用する形で「第二の人生楽しんでいきましょう!」といち早く「コメント」します。すると、これが「手越祐也」の退所や「NEWS脱退」を受け入れられない「一部ファン」の逆鱗に触れたようで、「ファンの気持ち考えて!」「余計なこと言うな」と「HYDE」に文句をつける人が続出したのです。その結果、「HYDE」が「たしかに悲しんでる人には軽率なツイートでした。ごめんなさい」と謝罪する事態に発展しました。

すると、今度は「HYDEのファン」が「エール送ったことの何が悪いのか」「ただの言いがかり」「優しさだろ!」と、真っ向から反論します。「HYDE」が大人な対応を見せたことで、騒動は鎮静化したかに思えましたが、「ネット」上では「もうHYDEさん手越と付き合わないでほしい」「本人も人に迷惑かけてばっかりだけど、ファンも迷惑かけすぎだろ」「被害妄想強すぎ」と「HYDEファン」から呆れた声が飛び交っています。

「手越祐也」の退所は以前からうわさされていましたが、「2017年」から足かけ「4年」の歳月をかけて制作中である「“4部作”」の「コンサート」の最終章「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」への出演に意欲を見せていたため、「コンサート前」に辞める可能性は低いと「ファン」の間でいわれていました。また、「18日」に有料配信された「オンラインライブ」「Johnny’s World Happy LIVE with YOU」では、最後に披露された「U R not alone」という楽曲で、「手越祐也」の「ソロパート」を「メンバー」が誰も歌わなかったことから、「手越祐也」が「NEWSに戻ってくる」と信じる声が多く上がっていたのです。




そのため、突然の契約解除発表で「パニック」に陥った「ファン」がいたとしても不思議ではありません。しかも「手越祐也」は、緊急事態宣言中の度重なる外出報道により、先月「26日」から無期限の芸能活動自粛の処分が下されて以降、「ファン」に一切説明や謝罪がないまま「ジャニーズ」を去っています。「ファン」の感情は落としどころが見つからないままで、そこに「HYDE」の前向きな発言が投稿されたことで、行き場のない思いが爆発してしまったのでしょう。ある意味、こうした「ファン」の対立は、「手越祐也」が招いた結果であると言えるかもしれません。

周囲の人間や「ファン」のためにも、「手越祐也」には一刻も早く、退所に至った背景をきちんと説明してほしいところですね。

今回の騒動を起こしてしまったのは元凶が「手越祐也」であるにもかかわらず「HYDE」に文句をつけるのは筋違いではないでしょうか。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました