滝沢秀明★手越祐也退所で戦犯扱い★実際は関与ナシなのに不仲説を煽る訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★手越祐也退所で戦犯扱い★実際は関与ナシなのに不仲説を煽る訳」の事をお伝えしたいと思います。

「6月19日、NEWS脱退」および「ジャニーズ事務所」からの退所が発表された「手越祐也」です。「ネット」上には、「手越祐也」や「NEWS」の「ファン」による悲痛な書き込みが寄せられており、中には「手越祐也」を「“切った”」張本人として、「ジャニーズ副社長・滝沢秀明」を責める者もいるようですが、「マスコミ関係者」の間では「手越退所に滝沢が直接、関与したはずがない」と指摘されているといいます。

「手越祐也」といえば、「新型コロナウイルス感染症拡大」を防ぐための「“ステイホーム”」期間中、外出して飲み会を開いていたことなどが報じられ、事務所が無期限の活動自粛を発表します。本人はそのまま、「NEWS」の一員として復帰することなく、脱退と退所に至りました。「ファン」の思いはさまざまですが、一部からは「滝沢秀明副社長」を批判する声も上がっています。




「滝沢秀明副社長」が副社長に就任した当初から、「“規律に厳しい滝沢”」と「“自由人・手越”」をめぐっては「相性最悪」「対立しそう」「いつかタッキーが手越をクビにするんじゃ」などと「ファン」の間でささやかれていたものですが、実際に「手越祐也」は契約解除となり、「一部NEWSファン」の間では「滝沢秀明副社長」への反感が高まっています。

「滝沢秀明副社長」と「手越祐也」が対立関係にあるという話は、そもそも「ファン」の「臆測、ネット」の「ウワサレベル」でしかなかったのですが、いつしか「マスコミ」まで「タッキーVS手越」の構図を報道するようになっていました。ですが実際のところ、「滝沢秀明副社長」の「メイン業務」は「ジャニーズJr.」の「発掘・育成」なので、「手越祐也」をどうこうできる「ポジション」にさえいないのです。過熱する「“タッキー叩き”」には危機感を覚えてしまいます。

ただし、「ジャニーズ」の「多数グループ」が参加した「チャリティーユニット企画」「Twenty☆Twenty」は、「滝沢秀明副社長」が「プロデューサー」としての権限を持っており、 これに関してだけは、「滝沢秀明副社長」も口出しできるでしょうが、基本的に「“デビュー組”」は「藤島ジュリー景子社長」の管轄のようです。「“ステイホーム破り”」した「手越祐也」を「Twenty☆Twenty」から外すという最終決定も、「藤島ジュリー景子社長」が下したはずです。




それでも、「マスコミ」が「滝沢秀明副社長」と「手越祐也」の「“不仲説”」を煽るのには、裏事情があるといいます。

「藤島ジュリー景子社長」は「マスコミ」嫌いで有名なため、報道内容によっては大問題に発展しかねず、記者も「彼女については書きづらい」そうなのだとか。一方、「滝沢秀明副社長」は、「マスコミ」にまったく「クレーム」をつけてこないので、記者としても彼については「書きやすい」というわけです。「手越祐也」との確執報道が飛び交うのはそのせいもあるのでしょう。

「手越祐也」と何の関わり合いもないというのに、「ネット」上で「“戦犯”」扱いされている状況を、「滝沢秀明副社長」はどう思っているのでしょうか。

「滝沢秀明副社長&手越祐也」の不仲説は今夜の記者会見で明らかにされるのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました