手越祐也★会見で実質クビ発覚&失言★一方ジャニーズは手越のネガキャン画策

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★会見で実質クビ発覚&失言★一方ジャニーズは手越のネガキャン画策」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」との専属契約を終了し、「NEWS」を脱退した「手越祐也」が、「6月23日」に緊急会見を開きました。本人は「“円満退所”」を強調していたものの、取材に訪れた「メディア関係者」の間では「ジャニーズから「“絶縁”」されたことがはっきりした」と結論づけられたようです。

「ジャニーズ」は「6月19日、手越祐也」との専属契約が「合意解除」になったこと、彼が所属していた「NEWS」に関しては、残された「メンバー3人」で活動していくことを発表しました。一方の「手越祐也」は、同日中に「Twitter」を開設し、「22日」には翌日の会見を告知していました。

こうして迎えた会見で、「手越祐也」は元事務所について「心から感謝しています」「大きなトラブルがあったということもありません」などと語っていました。




終始明るい「テンション」で会見を行った「手越祐也」ですが、本人の話を聞けば聞くほど、彼に問題があったことが浮き彫りになった印象です。特に、「新型コロナウイルス感染症拡大」を防ぐため、「ジャニーズ」が「“外出自粛”」を呼びかけていた期間の「“自粛破り”」に関し、本人は「“必要な外出”」だったと弁明していたものの、「感染リスク」への配慮が足りない行動だったことは否めません。こうした「手越祐也」の行動に、事務所が頭を悩ませていたことが察せられました。

また、会見では「手越祐也」の「“自粛破り”」に同席していたとされる「“手越ガールズ”」なる女性陣について、記者から突っ込まれる場面もありましたが。

「手越祐也」は、あくまでも必要急務な会合に女性を同席させただけであり、「ステイホーム期間にしっかり家にいた人」「ちゃんと家にいたというのを確認した女性」に声をかけたと主張しました。ですが、この時に「「女性のせいで」コロナウイルスに感染しても面倒くさいので」と口にしたのも、明らかに「“失言”」でした。

とはいえ、「手越祐也」の退所騒動において、「ジャニーズが彼に寄り添いながら、正当な対応を取っていたかというと、そうでもない」という見解が大半を締めているようです。




「手越祐也」は、退所を希望したのは自分ですが、事務所の「トップ」と詳細を話し合うことなく、いきなり「弁護士をつけて」と通達されたことを明かしました。しかも、現社長の「藤島ジュリー景子氏」との面会も叶わなかったといいます。「ジャニーズサイド」は、「手越祐也」との契約を「合意解除」と表現していたものの、決して「円満」という言葉は使っていません。つまりは「実質クビ」と言っているのと同じなのです。

この話を聞くと、「ジャニーズ側」が「手越祐也」に振り回された結果、突き放さざるを得なかったと捉えることもできるため、事務所に対する同情を呼ぶかもしれませんが、「ジャニーズサイドは、裏で手越が不利になるような情報の出し方を模索し続けているようです」というだけに、今後の形勢はわからないところです。

会見で「手越祐也」は、「マスコミ」に「あることないこと書かれる」と言っていますが、その情報源をたどっていくと、最終的に「ジャニーズ」に近い人間にたどり着くのだそうです。「手越祐也」も、そのことを知っているのかもしれません。ちなみに、「ステイホーム期間中」の外出は「チーフマネジャーには報告していた」と説明していた「手越祐也」ですが、「ジャニーズ側」は「そんな報告は受けていない」と突っぱねているといい、「ネガティブキャンペーン」を仕掛けているようにも見えます。

双方の言い分を目の当たりにしたとしても、「メディア関係者」は、「ジャニーズ」との付き合いを加味し、「基本的には事務所側につくことが予想される」といいます。ですが内心では、「どっちもどっち」と感じる関係者は少なくないのかもしれないですね。

今回の会見は「ファン&メンバー」に向けた会見に見えますが結局は「手越祐也」の言い訳のための会見に見えてしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました