大倉忠義★手越祐也に皮肉★LINEスタンプめぐりスピード感の一言が波紋

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「大倉忠義★手越祐也に皮肉★LINEスタンプめぐりスピード感の一言が波紋」の事をお伝えしたいと思います。

「6月19日」をもって「ジャニーズ事務所」を退所した「元NEWS・手越祐也」にまつわる「ニュース」が、連日「メディア」を賑わせています。「新型コロナウイルス」が流行する中、「2度」にわたる「“ステイホーム破り”」を報じられ、事務所を去ることになった「手越祐也」には多くの批判が寄せられており、「23日」に行った記者会見での言動も、賛否両論が出ている状況です。一方、「関ジャニ∞・大倉忠義」が「公式サイト」の連載で「“手越祐也への皮肉”」ともとれる一文を投稿し、「ジャニーズファン」の間で騒ぎになっています。

「関ジャニ∞」は、「グループ初」の「LINEスタンプ」「関ジャニ∞ スマイルアップスタンプ」「250円」を「25日」に「リリース」しました。「ジャニーズ事務所」が「社会貢献・支援活動」を行っていく「Johnny’s Smile Up!Project」の一環で、売り上げは「新型コロナ感染拡大」を受けて尽力する医療従事者の支援に役立てるといいます。「YouTube」の「公式チャンネル」「Johnny’s official」でも、「「関ジャニ∞ スマイルアップスタンプ」制作中!!!!!」「23日配信」「「関ジャニ∞ スマイルアップスタンプ」完成!!!!!」「25日配信」と「2本」の動画が公開されている通り、「メンバー5人」が「デザイン」などを考えた「スタンプ」です。

発売前日の「24日、大倉忠義」は「Johnny’s web」の個人連載「ウルトラハイパーくらすます2020 全国制覇への戦いの日々」を更新します。「LINEスタンプ、47のMCでも 言ってたもんね!!」と切り出し、「スタンプ」の制作が実現できたことに対して、「ジャニーズ」や「Smile Up!Project」へ感謝の言葉を述べていました。さらに、「決まってからのスピード感 事務所の方々、LINEの方々 ありがとうございました」などと綴り、「ファン」に「スタンプ」を宣伝したのです。ちなみに、「大倉忠義」の言う「47のMC」とは、今年「2月10日」に奈良県で行われた「コンサート」「関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE」内での「メンバー」との会話を指しているようです。




「ジャニーズファン」の中には、この「スピード感」の一言によって、「手越祐也を連想した人も少なくないようです。というのも、「23日」に開いた会見にて、退所を考えるようになったきっかけを語る中で、「大倉忠義」と同じ「ワード」を口にしていたのです。「手越祐也」いわく、「ジャニーズ事務所」に自身が提案した仕事は全てにおいて「通らなかった」そうで、「僕って、スピード感を大事にしたい人なので、やりたいって思ったらやりたい、欲しいってものは欲しいっていう性格なので。なかなか持っていったものが具現化されて、ファンのみんなに届くっていうのが、やっぱり10カ月、1年、かかっちゃってた」「自分が「あれやりたい、これやりたい」っていうアイデアが、ジャニーズにいたらスピード感も遅いし、なかなかかなわないよなって」などと、話していました。

そんな経緯もあり、「大倉忠義」の連載を読んだ「ファン」は「このタイミングでジャニーズのスピード感に感謝する大倉くん、好きだわ」「大倉のブログ、手越への皮肉だろうね。結局のところ、信頼と実績なんだよ」「大倉くんのブログは、彼なりの事務所援護かな?」「大倉くんの連載が完全に手越を煽ってて笑える。ちゃんと事務所にも信用されてる人は、スピーディーに対応してもらえるんだな」「ジャニーズでもいろんなことに挑戦できていている人たちは、そりゃ手越に腹が立つよね」と、「大倉忠義」の姿勢を称賛しています。

「手越祐也」は事務所の対応の「スピード」に不満をこぼした形ですが、多くの「ジャニーズファン」は「普段の素行に問題があるから、持ち込み企画を渋っていたのでは」と考えているようです。実際に、「大倉忠義」が「手越祐也」を意識して書いた文章なのかどうかは、本人のみぞ知るところです。とはいえ、結果的に「大倉忠義」が事務所を「フォロー」したことで、「ファン」は「スカッ」とした気分になったのでしょう。ですが、好意的な声とは対照的に、「大倉は好きだけど、これは言う必要のない嫌味だと思う」「大倉の書き方は性格悪いし、ドン引きした」「言いたいことはわかるけど、あの言い方は皮肉っぽくておとなげない」といった「非難コメント」もわずかに上がっていました。また、「LINEスタンプ」は過去に「木村拓哉、滝沢秀明バージョン」が販売されただけに、「LINEとのルートがあるんだから、そりゃスムーズにできるでしょ」という指摘も出ています。

「大倉忠義」に関しては、過去にも「手越祐也」を暗に「ネタ」にしたのではないかと言われたことがあります。「2018年7月7日」放送の「ラジオ」「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」「ニッポン放送」で、「シンガーソングライター・高橋優」が「いのちのうたフェス」「NHK広島放送局、同8月放送」の収録時に「手越祐也と歌った」と明かしたところ、「大倉忠義」から「「手越は」カラオケがやっぱうまいですもんね!」との発言が飛び出しました。「高橋優」に「カラオケ行くんですか?」と掘り下げられるも、「大倉忠義」は「え、行ったことないですけど。うまい、絶対」と返すのでした。




これは、同年「6月」に「ニュースサイト」「文春オンライン」が公開した、「手越祐也」の「“カラオケ音源”」を意識した発言ではないかと話題になりました。「手越祐也」はこの音源の中で、「先輩グループ・嵐」は「口パク」だと嘲笑します。「ラジオ」の「リスナー」は「大倉くん、「“手越はカラオケうまい”」って意味深」「あの音源、聞いたっぽいね。手越をチクリと刺した感じだ?」と、反応していました。こうした前例があるため、今回の「大倉忠義」の連載と「手越祐也」を結びつけて考える人がいたのでしょう。

一方、「大倉忠義」と同じ「6月24日」には、「テゴマス」としても「手越祐也」と活動をともにした「NEWS・増田貴久」が、「グループ連載」「NEWS RING」を更新します。「NEWS」が「18日」に出演した「オンライン有料配信」「Johnny’s World Happy LIVE with YOU」について振り返る最中、「今後は、ありがとうとごめんねを言える人になってください!」との一文が綴られていました。これも「ファン」の間では、「“手越に向けた一言”」だと解釈され、「まっすーの言葉は、ずっと隣で歌ってきた手越へのエールだね」「相方を新たな道へ送り出しているようで感動した」「「ありがとうとごめんねを言える人になってください」って、手越くんに伝わるといいな」という声が続出していました。

今後、「手越祐也」がどんな人生を歩んでいくのか、「ファン」や「マスコミ同様」に、「ジャニーズタレント」も注視しているのかもしれないですね。

単刀直入に言えば「大倉忠義」は「手越祐也」の「発言&行動」が許せなかったということでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました