手越祐也★キャバクラ手越★活動自粛中も健在だった★参加ルールは体温チェックより年齢確認

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★キャバクラ手越★活動自粛中も健在だった★参加ルールは体温チェックより年齢確認」の事をお伝えしたいと思います。

「6月19日付」で「ジャニーズ事務所」を退所した「手越祐也」です。「新型コロナウイルス感染拡大」に伴う緊急事態宣言下で外出をし、複数の女性を集めて「キャバクラ手越」を開催していたことが「週刊文春」「文藝春秋」で報じられていましたが、「23日」に開いた記者会見では、「医療従事者との意見交換の場だった」と、報道を否定しました。「ネット」上では不要不急の「女性同伴の会食」に、いまだ批判が噴出し続けていますが、「芸能プロ関係者」によれば、「文春」にすっぱ抜かれた以外にも、「手越祐也」は同様の会食を繰り返していたといいます。

「手越祐也」の「“夜の街での飲み歩き”」は、もはや週刊誌側が「「ネタにならない」とボツにしてしまうほど、ありふれた情報だった」「芸能プロ関係者」といいます。ですが、政府による外出自粛要請の状況下での会食は、「ジャニーズ事務所」としても看過できなかったのか、ついには「5月26日」に無期限の活動自粛処分が下されました。




そしてそのまま、「手越祐也」は「ジャニーズ」との専属契約を合意解除するに至ったわけですが、活動自粛の処分中にも同じような飲み会が、やはり都内の「バー」で開催されていたそうです。参加者は数人の女性で、中には「タレント」もいたとのことです。一方で男性参加者は、「スタート時点」では「手越祐也」のみだったそうです。

「ジャニーズ」から「ペナルティ」を与えられてもなお、「“キャバクラ手越”」は平常運転か と思いきや、女性参加者には以前まではなかったという「“ある検査”」が義務付けられていたのだといいます。

といっても、「新型コロナ感染防止目的」で近頃増えている「体温チェック」ではなく、「手越祐也」が求めてきたのは「年齢確認」でした。女性は全員、運転免許証や「パスポート」など、顔写真付きの身分証の提出を求められたそうです。不携帯だったり、未成年と判明した場合は「“入店拒否”」。これでは「キャバクラ」ではなく、居酒屋の「システム」ですが。




同僚だった「NEWS・小山慶一郎」は、この「“年齢チェック”」を怠ったことが災いし、「2018年6月」に「一部メディア」で未成年者を含む酒席に参加していたことが報じられ、一時的に芸能活動を自粛しました。「キャスター」を務めていた「news every.」「日本テレビ系」を降板しました。

さすがの「手越祐也」も、立て続けの自粛破り報道で危機感を募らせたのか、未成年飲酒だけは気をつけようと心に決めたのかもしれません。結果的に、「ジャニーズ」を退所してしまっただけに、今後もし、こうした「スキャンダル」が発覚した場合、守ってくれる事務所がもうないということになります。

「手越祐也」は、後ろ盾がなくなったとしてもなお、「“キャバクラ手越”」の運営を続けていくつもりなのでしょうか。

常習犯的に行われていた「キャバクラ手越」の情報を「ファン」も知ってしまった以上気持ちが冷めてしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました