手越祐也★やっぱり大モメ退所だった★ジャニーズ事務所とは絶縁決定的

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★やっぱり大モメ退所だった★ジャニーズ事務所とは絶縁決定的」の事をお伝えしたいと思います。

「元NEWS」の「手越祐也」が記者会見で強調していた「円満退社」が「大ウソ」だったと報じられ、「ネット」上では「やっぱりか」との声が続出しています。「揉めに揉めた末の決別」だったことをうかがわせる要素が多々あり、早くも先行きが不安視されているようです。

「27日付」の「東京スポーツ」によると、「手越祐也」が先日の会見で「ジャニーズ事務所とのトラブルは一切ない」と円満を強調した一方、「ジャニーズ側」からは報道陣に「「“円満”」という言葉は決して使わないように」とのお達しがあったといいます。

通常、事務所側は「トラブル」があっても「イメージ」を気にして「円満」ということにしたがります。それなのに「円満という言葉は使うな」というお達しがあったのは余程のことです。「藤島ジュリー景子社長」や「滝沢秀明副社長」との面会すらできず、弁護士同士の話し合いで退所が決まったという時点で「円満なはずがない」と誰もが思いましたが、それを裏付ける報道となりました。




「KAT-TUN」の「中丸雄一」が「21日」に出演した情報番組「シューイチ」「日本テレビ系」で「手越祐也」の退所の「唐突感」を指摘しつつ、「なんか揉めたのかなというのは想像がつきます」と「コメント」したのも印象的でした。「ジャニーズ所属タレント」が退所者に対して「揉めた」という言葉を使うこと自体、異例中の異例です。

この時、「中丸雄一」は「メンバーは本当に可哀想だと思うし、番組関係者の皆さんも気の毒。ジャニーズ事務所の人たちも気の毒。一番気の毒だと思うのは応援してくれているファンの人たち」とも発言しました。言葉を選びつつも、明らかな「手越批判」を展開していました。

事務所上層部はもちろん、一部の「所属タレント」からも「手越祐也」は激怒されていることが想像できます。

また、円満を強調していた「手越祐也」「サイド」にも「確執」を匂わせる行動がありました。「27日付」の「FRIDAYデジタル」によると、「手越祐也」の会見には「自粛破り」を二度にわたって報じた「週刊文春」「文藝春秋」の記者を入れたにもかかわらず、なぜか「スポーツニッポン」は「取材NG」を通達されたといいます。




「スポニチ」は「ジャニーズ」の「御用メディア」として知られ、事務所側からの情報を基に「円満」の「ウソ」を暴かれる危険性があると判断したのでしょう。結果、そういった行動が「円満退所」の信憑性を失わさせてしまったわけですが。

昨年「9月4日」に「ジャニー喜多川さん」の「お別れの会」が開かれたが、「スポニチ」はその前日に「ネット版」で「元TOKIO・山口達也は不参加」と「“未来記事”」を誤爆してしまったことがありました。「ジャニーズ側」からの情報を基に「予定稿」として書かれていたものが誤って配信されたとみられ、両者の蜜月関係が浮き彫りになっていました。

その「スポニチ」を「取材NG」にしてしまったのは、事務所と確執があると公言しているようなものです。会見では、「ジャニーズ事務所」に対して「感謝」という言葉を連発していたのですが、今後の活動や「イメージ戦略」のための「揉めていません」「アピール」だったのでしょうか。

最近は「中居正広」や「今井翼」などの正真正銘の「円満退所」組が登場し、退所後も「ジャニーズタレント」と共演する「ケース」が出てきています。ですが、「手越祐也」の場合は後ろ足で砂をかけるような退所劇となってしまったことで、「ジャニーズ事務所」とは「絶縁」となりそうです。

「手越祐也&ジャニーズ事務所」の関係が明らかになるのも近いようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました