嵐★24時間テレビの出演をめぐって、内紛報道★日テレ&ジャニーズに遺恨発生

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「嵐★内紛報道★24時間テレビの出演をめぐって★日テレ&ジャニーズに遺恨発生」の事をお伝えしたいと思います。

「7月1日」の「東スポWeb」が「日本テレビ」夏の恒例番組「24時間テレビ」をめぐって生じた「嵐」の「“内紛”」を報じています。

「コロナ禍」により、「フジテレビ」が「FNS27時間テレビ」を中止する中、「日テレ」は「24時間テレビ」を「“強行”」することを決断しました。ここにきて新規感染者も急増傾向にあることもあり、世間からは厳しい声も聞かれています。




「コロナ」で「CM」による広告収入が激減する中、同番組は例年「20億~25億円」もの売上が見込まれ、今年は減ったとしても「18億円」は稼げると目算されています。「コロナ」で収入の減った「タレント」を救済することで、芸能事務所に恩も売れますから、強行開催を歓迎する向きもあります。

強行するからには、「成功」は必須です。そこで「最重要ポジション」となるのが「メインパーソナリティー」であることは間違いありません。

「東スポ」によれば、「メインパーソナリティー」には「嵐」が最有力となっているものの、「リーダー」の「大野智」が難色を示しているのだといいます。「嵐」は今年いっぱいでの活動休止を発表していますが、「コロナ」により「コンサート」ができない状況が続いています。それなのに「24時間テレビ」だけ優先することに疑問を呈しているようです。一方、「櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也」の「3人」は「日テレ」で番組を持っていることから「大野智」と対立、揉めているといいます。




もしも、「嵐」の出演が叶わなくなったとすれば、「日テレ」と「ジャニーズ」の間に大きなしこりができる可能性もあるといいます。

「日テレ」としては、「嵐」の代わりが務まるのは、「土曜ドラマ」「未満警察 ミッドナイトランナー」で「W主演」する「Sexy Zone」の「中島健人」、「King & Prince」の「平野紫耀」の「2人」しかないと考えています。ですが、「ジャニーズ」は社会貢献活動「Smile Up! Project」の一環で生まれた「ジャニーズ総勢75人」の「ユニット」「Twenty★Twenty」を押している状況です。「中島健人&平野紫耀」については、「日テレ」が「手越祐也」の後釜として「世界の果てまでイッテQ!」での起用を求めるも、「ジャニーズサイド」が「NG」を出していることで、関係が「ギクシャク」しているとも伝えられています。もしも、「嵐」が「24時間テレビ」を蹴って、大みそかの「NHK紅白歌合戦」の司会を務めたとしたら、間違いなく「“遺恨”」ができるでしょう。

「リーダー大野智」の決断やいかに。

「嵐ファン」の心境とすれば「コンサート」が開催されないにもかかわらず「24時間テレビ」だけ強行されてしまうことに疑問を感じてしまうでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました