速報‼ジャニーズ最新情報

菊岡正展★渋谷すばるのマネジャー★裏方転身の噂&ファン騒然

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「菊岡正展★渋谷すばるのマネジャー★裏方転身の噂&ファン騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年末」で「ジャニーズ事務所」を退所し、現在は「シンガーソングライター」として活躍中の「元関ジャニ∞・渋谷すばる」です。「7月」に入り、「DVD&Blu-ray」や「デジタルシングル」を「リリース」するなど、再始動後も熱心な「ファン」に支えられて順調に音楽活動を続けています。その裏で、「元関西ジャニーズJr.」のある人物が「渋谷すばる」の仕事を「サポート」している疑惑が浮上。「ファン」の間で話題になっています。

その「元関西Jr.」とは、かつて「Veteran」なる「グループ」に所属していた「菊岡正展」です。「2006年頃」から当時「関西Jr.」だった「伊藤政氏、浜中文一、室龍規」らと「自称・ベテラン」を名乗り始め、後に「山碕薫太、室龍太」が加入して「6人組ユニット」となりました。「伊藤雅氏」が抜けて「5人」になり、「2011年7月」には「中居正広の怪しい本の集まる図書館」「テレビ朝日系」で「Veteran」が紹介されたこともありました。ですが、翌年以降に「室龍規、山碕薫太」が「ジャニーズ」を離れ、「Veteran」は実質消滅となります。「浜中文一」と「室龍太」は現在も「ジャニーズ」に在籍している一方、「山碕薫太」は退所後も「薫太」の名で芸能活動を継続中で、「室龍規」も同じく舞台を中心に俳優業を行っています。




「菊岡正展」は「2014年」に退所疑惑がささやかれたものの、別の事務所に移籍した気配はなく、多くの「ファン」が動向を気にかけていたようです。そんな中、「渋谷すばる」の「DVD&Blu-ray」「Documentary Film「二歳と364日」」や、「フォトブック」「Documentary Live Photo 「二歳と364日」」が「7月1日」に発売されると、手にした「ファン」の間で「菊岡の名前が載っている」と騒ぎになります。「ARTIST MANAGEMENT「アーティストマネージメント」」の欄に「Masahiro Kikuoka」と書かれていたようで、「ネット」上には「フォトブックの最後のページに「Masahiro Kikuoka」の表記があって、DVDにも映ってる気がする」「ありきたりな名前でもないし、菊さん本人だろうね」といった報告が上がっています。

「“マーシー”」こと「伊藤雅氏」は、「2011年」の「6月頃」に退所の「ウワサ」が出た後、「関ジャニ∞」の「マネジャー」になったのではないかと話が広まりました。同年「7月」に「渋谷すばる」が「ラジオ番組」で、「現場マネジャー」について「昔ずっと一緒に、もう毎日のように舞台一緒に頑張ってた時があって」などと語っていたのです。当時、「エイト」は「Veteran」の「メンバー」を可愛がっていたので、「マーシー」と何かしら関係が続いているのでは と言われていました。その「マーシー」の姿を久しぶりに見たのは昨年「3月」のことで、落語家の「月亭八光」が「インスタグラム」に「アップ」した写真に写っていたのです。「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」「読売テレビ」の「AD」や「マネジャー」と食事に行ったと綴られていたのですが、「コメント欄」で「AD」なのかと質問を受けた「月亭八光」は「マーシーは普通に働いてます、ADではありません、勘違いさせる書き方してごめんなさい」と返信していました。「エイト」の「マネジャー」をしているとは書いていませんでしたが、「月亭八光」といえば「横山裕」の大親友です。少なくとも、「マーシー」は今も「横山裕」の周辺と接点があるのだと思いました。

一方、「菊岡正展」の消息は「Veteran」の中で唯一不明だっただけに、今回の「クレジット」を把握した「ファン」からは「マネジャーとしてすばるくんと一緒にいるのかな?だったらうれしい!」「すばるのそばにいると知って、胸が熱くなった」「すばるについてるの!? 生存確認できてよかった」「エイトはマーシー、すばるくんは菊さんがマネジャー?これってすごくない!?」と、驚きや喜びの声が相次いでいます。




また、「渋谷すばる」は「ジャニーズ退所」翌年の「2019年2月」に「公式サイト」を開設した際、海外を旅する動画を公開。その映像は「渋谷すばる」の自撮りではなく、同行者が撮影したものとみられていましたが、「撮ったのは菊さんだったりするのかな?」「菊さんなら、あんな表情のすばるくんが撮れたのも納得」との声も出ていました。

「関西Jr.」では、昨年「4月」に「林真鳥」が「Jr.」を卒業し、裏方に転向しています。「公式携帯サイト・Johnny’s web」の「かんじゅ日誌」内で、今後は「「“ジャニーズ事務所所属の振付師”」として活動していく」と、発表します。以降は独自の「センス」を生かし、「関西Jr.ユニット・なにわ男子」の「グッズTシャツ」の「イラスト」を手掛けるなど、振り付け以外の面でも「タレント」を「バックアップ」しているようです。今年「4月」には「SNS」も解禁し、「Tシャツ」や「ステッカー」などの「オリジナルグッズ」を販売しています。「元ジャニーズ」が裏で「タレント」を支える側にまわった例は過去にもありましたが、「林真鳥」の場合はそれに加えて「SNS」を通じて「ファン」と交流するという、珍しい例です。

とはいえ、「菊岡正展」の消息については「Masahiro Kikuoka」が同名の別人である可能性もあります。「渋谷すばる」は「7月3日」に「デジタルシングル」「人」を「リリース」したばかりですが、宣伝の「タイミング」などで「ウワサ」の真偽を語る機会はあるのでしょうか。

何はともあれ「菊岡正展」の存在が確認できたことに喜びを感じたいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました