手越祐也★サイバーエージェントからNG指定★AbemaTV進出に高いハードル明らかに

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★サイバーエージェントからNG指定★AbemaTV進出に高いハードル明らかに」の事をお伝えしたいと思います。

「6月19日」をもって「ジャニーズ事務所」を退所した、「元NEWS・手越祐也」です。「同23日」には記者会見を開き、今後の展望を「ポジティブ」に語っていましたが、「手越祐也」の「“駆け込み寺”」と見られている大手IT企業からは、「実はそっぽを向かれている」のだといいます。

会見から「1週間以上」たった今でも、「手越祐也」に対する「ネガティブ」な報道は鳴りやまない状況です。「ジャニーズ」と懇意にしている「メディア」だけならまだしも、大手の「ニュースサイト」も軒並み「バッシング」を続けています。これは、「手越祐也」が会見の際、「“NG媒体”」を設け、「一部メディア」による取材を許可しなかったため、「マスコミ全体」の反感を買ってしまったことが大きいでしょう。




「手越祐也」としても、ある程度の批判は覚悟していたでしょうが、想定外の「“逆風”」が吹いているといいます。

業界内では「「“元ジャニーズ”」の駆け込み寺」とも言われる「大手IT企業・サイバーエージェント」が、「手越祐也」との「コラボ」を「NG指定」しているといいます。「サイバーエージェント」といえば、「テレビ朝日」と共同設立した「インターネットテレビ局・AbemaTV」を運営しており、ここで活躍しているのが、「2017年9月」に「ジャニーズ」を退所した「元SMAP」の「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」です。

「3人」は、独立した年の「11月」に「新しい地図」として「AbemaTV」の番組に出演するようになり、「2018年4月」からは「7.2 新しい別の窓」という「レギュラー番組」も持っています。

「新しい地図」の「AbemaTV出演」に「GOサイン」を出したのは、「サイバーエージェント」の「藤田晋社長」でした。「“インターネットテレビ”」は、「テレビ」とは異なる業界ということで、「ジャニーズ」の圧力や遺恨を恐れる必要はない と考えたようです。一方、「手越祐也」も以前から「“IT界隈の人脈”」を持っているとされており、「ジャニーズ」を離れた今、その「パイプ」を頼りに活動していくとみられていましたが、「サイバーエージェント」としては「手越はいらない」と判断しているようです。




「新しい地図」は受け入れられ、「手越祐也」は「NG」とされる理由は何なのでしょうか。

やはり、「人気や実力、キャリア、CD等」の売り上げを総合的に見た時に、「手越では「新しい地図」の3人に及ばない」ということです。「手越祐也」に「スキャンダル」が噴出する可能性もあるため、その魅力と天秤にかけても「リスク」のほうが大きく、「サポートするに見合わない」と結論づけられてしまったのでしょう。

なお「手越祐也」は、「サイバーエージェント」の子会社である「サイバーZ」が運営する「ゲーム動画配信プラットフォーム・OPENREC」の「公式アンバサダー」を務めており、「公式チャンネル」「手越ちゃんねる」を持っていますが、それでも「AbemaTV進出」への「ハードル」は高いようです。会見では、さまざまな人脈や今後の構想を明かしていた「手越祐也」ですが、「“SNSでの情報発信”」以上の「ネット企画」は、果たして実現できるのでしょうか。

「藤田晋社長」から見ても「手越祐也」の存在は破天荒に見えてしまい、扱いにくく思えてしまうようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました