長瀬智也★退所説に、薬丸裕英が言及★TOKIOの名前は残してほしい&意味深発言

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「長瀬智也★退所説に、薬丸裕英が言及★TOKIOの名前は残してほしい&意味深発言」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「7月8日」に放送されました。この日は「タレント」の「薬丸裕英」を「ゲスト」に招き、「TOKIOメンバー」と「ジャニーズトーク」を繰り広げました。




「薬丸裕英」といえば、かつて「ジャニーズ事務所」に所属し、「1982年」に「3人組アイドル」「シブがき隊」の「メンバー」として「歌手デビュー」しました。同年の「第24回日本レコード大賞」では最優秀新人賞を受賞し、「NHK紅白歌合戦」に「5年連続」で出場するなど、「トップアイドル」として活躍したものの、「グループ」は「1988年」に解散します。「薬丸裕英」はその翌年に「ジャニーズ」を退所しましたが、その後も事務所と良好な関係を築いており、「少年隊・東山紀之」をはじめ、「V6・坂本昌行」や「井ノ原快彦、俳優・風間俊介、NEWS・増田貴久、A.B.C-Z・戸塚祥太」や「塚田僚一、ジャニーズWEST・中間淳太」らと交流があると明かしました。また、この日は昨年「7月」に逝去した「ジャニーズ事務所創業者」である「ジャニー喜多川氏」との「エピソード」も多数飛び出していました。

そんな中、番組の終盤で「国分太一」が「薬丸さんから見て、TOKIOってどんな感じに見えてるんですかね?後輩でもあるわけじゃないですか、僕らは」と質問すると、「薬丸裕英」は「一言で言うと、お世辞でもなんでもなく、25年アイドルでやっていけるって、すごい」と、実感を込めて「コメント」します。「シブがき隊」は結成から「6年」あまりで解散となりましたが、「薬丸裕英」は「俺たちはやりたくてもできなかった」と明かし、「人気もないと続かないって、グループって。でも続けてられるじゃない」と、「ファン」からの支えが大きいことを指摘しながら、今年で「結成26年目」を迎えた「TOKIO」を称えました。

さらに、「いま、ジャニーズで牽引していけるのは、俺はTOKIOだと思うんだよね」と語ると、「国分太一」からは「えっ」と驚きの声が。「薬丸裕英」は続けて、「だから、最終的にジャニーズ事務所を引っ張っていくのはTOKIOだと思う」「いろんな形でTOKIOが変わるかもしれない。変わっても、やっぱり少年隊みたく、TOKIOっていうグループの名前は、最後まで残してほしいな」と、「TOKIO」への思いを明かしていました。




ですが、この「トーク」中、「長瀬智也」の顔が「カメラ」にまったく映らずでした。「長瀬智也」といえば、「ジャニーズ退所」の意向があると、たびたび「マスコミ」に報じられており、退所時期は「2021年」とも言われています。そのため、「ネット」上の「ファン」からは「薬丸さんが「いろんな形でTOKIOが変わるかもしれない」と言ったとき、長瀬はどんな顔をしてたんだろうか」「うわさ通り、長瀬さん辞めるのでは?」「どういう思いで聞いてるんだ、長瀬くん」という動揺の声が上がっていました。

正式発表がされていないことから、いまだ退所説を信じていない「ファン」も多いのですが、果たして「長瀬智也」は「薬丸裕英」のこの言葉をどう受け取ったのでしょうか。

「長瀬智也」の退所を匂わせるような「薬丸裕英」の発言には何となく真実味が伝わってきますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました