長瀬智也★来年3月ジャニーズ退所★残る3人は社内独立へ

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「長瀬智也★来年3月ジャニーズ退所★残る3人は社内独立へ」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の「長瀬智也」が、来年「3月」いっぱいで「ジャニーズ事務所」を退所することが「週刊文春」の取材で分かりました。「ファンクラブ」を通じて今夜にも正式発表します。「3人」となる「TOKIO」は解散せず、活動を続け続ける方針だといいます。

かねてから事務所に退所の意向を伝えていた「長瀬智也」です。今年「2月」に「週刊文春」取材班が退所について直撃すると、「今はちょっと答えられない」と言葉を濁していましが、その時点ですでに意思は固まっていました。




「2018年5月」、女子高生への強制わいせつ事件を起こした「山口達也」が退所して以来、「TOKIO」が音楽活動を行えず、そのことに誰よりも不満を抱いていたのが「長瀬智也」でした。他の「メンバー」とは別行動を取る機会が増え、「レギュラー番組」の「鉄腕DASH!」の収録も欠席しがちでした。一方で、親族が経営する「アバレルブランド」の手伝いや友人との「バンド活動、DJイベント」などには積極的に参加し、いずれも「ジャニーズ」には報告すらしていなかったといいます。

すでに来年「1月スタート」の「TBS系」の「連続ドラマ」に出演することが内定していますが、その「ドラマ」を最後にいったん俳優活動を休止し、当面は音楽活動や映像関係の「クリエイティブ」な活動に専念する意向だといいます。

一方、残された「3人」の「メンバー」は、「長瀬智也」の退所後も「TOKIO」としての活動を続けます。




来年「4月」に「ジャニーズ事務所」の傘下に新会社「株式会社TOKIO「仮称」」が設立され、社長には「リーダー」の「城島茂」が就任、「国分太一」と「松岡昌宏」も株主になる予定です。いわば「“社内独立”」のような形で、「ジャニーズ」にとっても新しい試みですが、彼らをつなぎとめるための苦肉の策ともいえます。

「ジャニーズ」では今年「6月」に「元NEWS」の「手越祐也」が「退所、12月末」で「嵐」が活動を休止することも決まっています。すでに「長瀬智也」以外にも複数の「タレント」が「“辞表”」を出しているとの証言もあり、歯止めのきかない人材流出に「ジャニーズ」も頭を抱えているといいます。

「長瀬智也」の退所が「ファン」にとって最悪の結果になってしまったことは残念でなりませんが、残る「3人」が社内独立の方向で進んでいくことが唯一の救いでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました