嵐★活動休止延期報道★ファン歓喜と思いきや大野智を気遣う声が続出

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「嵐★活動休止延期報道★ファン歓喜と思いきや大野智を気遣う声が続出」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」いっぱいでの活動休止を発表している「嵐」です。多くの「ファン」もそれを受け入れていましたが、一転して「休止延期」報道が飛び出したことで動揺が走っています。

発売中の「週刊女性」「主婦と生活社」は、「メンバー」たちが話し合って「2021年も活動を続ける」という方向で進んでいるとの報道のようです。その背景には、「東京オリンピック・パラリンピック」への思いがあったといいます。

「嵐」は「NHK」の「東京オリンピック・パラリンピック」の「スペシャルナビゲーター」を務める予定でしたが、五輪は来年への延期が決定しています。ですが、「NHK」は「嵐」の起用について「現時点で変更は考えていない」と「コメント」し、今もその姿勢は変わっていません。となると、「グループ活動休止」後に芸能活動を休みたいといっていた「大野智」がいない「4人の嵐」で務めることになります。他の「メンバー」たちにとっては「大野抜きのグループ活動」は我慢ならず、話し合いが持たれたといわれています。




また、今年「5月」に活動休止前の「ファン」との時間を楽しむ最大の「イベント」として「新国立競技場コンサート」が予定されていましたが、それが延期となったことも影響したといいます。

「同コンサート」については、一部で「10月に開催」などと報じられていますが、「新型コロナウイルス」の感染者数は一向に減る気配がなく、それどころか「第2波、第3波」が懸念される状態です。「10月なら開催できる」という保証はまったくなく、冬になれば余計に状況は厳しくなります。

結果、前述のように「2021年も……」という方向になったというのです。といっても、前言撤回で「休止延期」にするわけではないようです。

同誌によると、予定通り「グループ活動」と「大野智」の芸能活動は年内で休止し、来年の「オリンピック」期間中に「“期間限定”」で再集結する「プラン」を考えているのだといいます。




もちろん、まだまだ今後の感染拡大状況が読めないだけに「プラン」も流動的です。ですが、今年限りでしばらく見納めと思っていた「ファン」にとっては何より嬉しい「ニュース」でしょう。

ところが、「ネット」上では意外な反応が続出しています。「ファンだけど今年いっぱいで休止でいい」「これ以上、大野くんに無理させないであげて」「ファンはもう十分に「ありがとう」って思ってるよ」「大野くんの望むようにしてあげてほしい」といった、「メンバー」を気遣う声が殺到しているのです。

どうやら、「ファン」の思いは「嵐」への感謝と気遣いにあふれており、予定通りに年内で活動休止しても文句を言うものはいなさそうな様子です。ですが、「オリンピック」という「国家的イベント」や「大規模コンサート」に懸ける事務所の思惑などもあるだけに、今後も目の離せない状況が続きそうです。

期間限定で「嵐メンバー」が再集結するのであれば「オリンピック&パラリンピック」の盛り上がり方も尋常ではないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました