手越祐也★柏木由紀の名前を出すのは禁止★ナベプロがマスコミに異例の要請

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★柏木由紀の名前を出すのは禁止★ナベプロがマスコミに異例の要請」の事をお伝えしたいと思います。

「8月5日」に発売した「手越祐也」の「フォトエッセイ」「AVALANCHE~雪崩~」「双葉社」をめぐって、「大手芸能プロ2社」が、「主要メディア」に「“異例の要請”」を行っていたといいます。同日行った記者会見で、自身を「スーパーポジティブ」だと繰り返し語っていた「手越祐也」ですが、この予想外の展開に、果たして何を思うのでしょうか。

「手越祐也」は同書で、過去の「スキャンダル」について「“洗いざらい”」言及しており、交際を「ウワサ」された複数の「女性タレント」が実名で登場しています。




特に「AKB48・柏木由紀」については、「2015年」、「週刊文春」「文藝春秋」に「ツーショット写真」が掲載されたこともあり、各方面から「どう言及されているのか」と注目を集めていました。ところが、本の発売前日になって、「柏木由紀」の所属する「ワタナベエンターテインメント」「ナベプロ」から新聞社や「テレビ局」に対し、「手越のエッセイに関する報道で、柏木の名前を出すのは禁止」と通達されたのです。

「手越祐也」は、発売「2日前」に公開した「YouTubeチャンネル」の動画内でも、同書で「柏木由紀」について言及すると明言し、同書の「“目玉的扱い”」となっていました。

ですが、「ナベプロ」はこの件を承知していなかったようです。また、同書では「元AKB48・小嶋陽菜」についても触れられているのですが、彼女が所属する「尾木プロ」からも、「マスコミ」に同様の要請が行われていました。こうした事態を受け、発売日の記者会見では、直前になって「固有名詞を挙げての質問はNG」という「ルール」が設けられていたのです。




「ナベプロ」は今年「6月、一部メディア」で報じられた「“セクハラ問題”」を受け、「豪腕」として知られる同社の「マスコミ広報」の責任者を解任したばかりですが。

つい先日、新しい広報責任者が就任したそうですが、前任者と同じく、「マスコミ」に対して強気の姿勢をみせています。「ネット」上で「“暴露本”」と言われる「フォトエッセイ」に実名を出されるのは、「柏木由紀」や「小嶋陽菜」、また両事務所にとってうれしいことではないでしょうが、「手越祐也」本人の発言にまで「“報道規制”」を敷くとは驚きです。

果たして「手越祐也」は、事務所や本人たちに事前許可を一切取っていなかったのでしょうか。

今回の暴露本を出すにあたり「手越祐也」もかなりの爆弾を仕掛けてきたようですが不発に終わる可能性がありますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました