手越祐也★嵐ファンに説教★暴露本で二宮和也の結婚語り大炎上

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★嵐ファンに説教★暴露本で二宮和也の結婚語り大炎上」の事をお伝えしたいと思います。

「元NEWS・手越祐也」の著書「AVALANCHE -雪崩-」「双葉社」に対し、「嵐ファン」から批判が相次いでいます。

昨年「11月」に「元アナウンサー」の一般女性と結婚した「嵐・二宮和也」について、「二宮和也君の結婚」との見出しで綴っている「手越祐也」は、結婚に否定的な「ファン」について持論を展開しました。

「二宮君が真剣に考えて決めたことなのですから、誰にも結婚を否定する権利なんてありません」「そんな表面上のところでしか、みなさんは嵐を応援していなかったのですか?」など異論を唱えています。




さらに、「2018年6月」に「文春オンライン」「文藝春秋」が報じた、「手越祐也」が「カラオケ」で「CHEMISTRY」の「Wings of Words」を替え歌で「一番嵐のファンが多いけど、東京ドームで口パク聞いてる」と歌っている動画の流出についても触れ、当時、「嵐」の「メンバー」からまったく「キレ」られなかったことなどを明かしています。

これに対し、「ネット」上では「なんで手越にこんなこと言われないといけないの?」「手越が勝手に二宮くんの結婚を語る意味が分からん」「手越の本に二宮くんの結婚について「“本当のファンなら”」的なこと書いてあるらしいけど、そもそも女と遊びまくってたお前こそ本当のアイドルだったのか?」「嵐のこと書いて儲けようとするな」などと批判が相次いでいます。

また、「SixTONES・京本大我」について、「“デビューが5年早ければ、トップアイドルになれた”」という旨の内容が綴られていることに対しても、「は?上から目線やめて」「「トップガン」より、SixTONESのデビューシングルのほうが7倍売れてるんですけど」などと批判が殺到しました。

なお、「トップガン」とは、「NEWS」で「手越祐也」が参加した最後の「シングル」「トップガン/Love Story」「ジャニーズ・エンタテイメント」のことです。

とはいえ、同書はおそらく「手越祐也


」の「インタビュー」を「ゴーストライター」がまとめた「“聞き書き”」であり、「手越祐也」が「テーマ」の選別にまで携わったかどうかは怪しいところです。

持ち前の「サービス精神」や、「ジャニーズ時代」に身に付いた仕事の癖から、出版社に言われるがまま、構成を人任せにしてしまった可能性もありそうです。

告白本によって、多くの「ジャニーズファン」を敵に回している「手越祐也」です。本当に、「二宮和也」の結婚について語りたかったのでしょうか。

実名を出して話題にしようとする「手越祐也」の手段を選ばないな発言には「嵐ファン」も怒り心頭のようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました