堂本剛★退所報道にファン大反発★ファンクラブ意味深コメントから心境に変化

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本剛★退所報道にファン大反発★ファンクラブ意味深コメントから心境に変化」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」の「堂本剛」について、「8月7日」発売の「FRIDAY」「講談社」が「ジャニーズを離れる日は近い」との証言を報じています。

記事によると、「堂本剛」は育ての親である「ジャニー喜多川氏」が亡くなったため、事務所への愛着が薄れているといいます。「中居正広」や「TOKIO・長瀬智也」に続く退所予備軍として、ほかにも海外志向の強い「山下智久」や、以前から退所の「ウワサ」が絶えない「関ジャニ∞・大倉忠義」を挙げています。




「ジャニー喜多川氏」の「“永遠のスペオキ”」「スペオキ=特にお気に入りのジャニーズタレント」と称され、かつて「ジャニー喜多川氏」との同棲疑惑が週刊誌に報じられたこともある「堂本剛」ですが、昨年「7月」の「ソロライブ」では「おでこにチューしてきましたよ」と「ジャニー喜多川氏」との最後のお別れを報告しました。

さらに昨年「10月」に発送された「KinKi Kids」の「ファンクラブ会報」では、「自分のやりたいことができる人生を歩んではこなかった」「ジャニーズだからっていうような概念は第三者が勝手に提供してくれるもの」とこれまでの活動を否定するような意味深な「メッセージ」を綴り、「ファン」を不安にさせました。

また、昨年「6月」発売の「週刊文春」「文藝春秋」は、「ジャニー喜多川氏」の入院中に「堂本剛」が「ジャニーさんがいなくなったら事務所を出る」と周囲に漏らしていたと報道します。加えて、「ジャニーズ事務所現社長」の「藤島ジュリー景子氏」と距離があることも伝えていました。




そんな「堂本剛」だけに、退所間近と騒がれるのも当然でしょう。ですが、一部「堂本剛ファン」からは「剛がKinkiをやめるわけない」「退所を報じるマスコミは、剛のこと何もわかってない」と「マスコミ」に対する怒りの声もありました。

というのも、「堂本剛」は昨年「12月」発売の雑誌「AERA」「朝日新聞出版」の「インタビュー」で、「“今後の活動”」について「これからも、僕がジャニーズという場所に対して貢献できることがあるのであれば、貢献し続けたいと思っています。どういう形であれ、Kinki Kidsは、ずっと続けられたらいいなと思ってる」と語っており、この言葉を信じたいと願う「ファン」は多いようです。

「ソロアーティスト」としても高い評価を受けている「堂本剛」です。「ジャニーズ」の看板に依存せずとも「アーティスト活動」を続けられる実力を持っているだけに、「ファン」も気が気でないようです。

「堂本剛」も次の「ステップ」に進んでいく気持ちが日々増してきていることが伝わってきますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました